2017年06月10日

もはや陰謀論ではない:長生きするため、公然と若者の血を買って注射するエリ−トたち

SOTT ソサエティーズ・チャイルド


もはや陰謀論ではない:長生きするため、公然と若者の血を買って注射するエリ−トたち
https://sott.net/en352993


マット・アゴリスト
自由思想プロジェクト
2017年6月5日

(※写真1キャプション)
かつては陰謀論者の憶測と思われていたことが、今や大当たりと判明した。というのも、我が国のエリ−トたちは列を成して、何十万円も払って若者の血を注射しようとしているからだ。彼らはそれを認めることについても何とも思っていないようだ。

かつては陰謀論者の憶測と思われていたこと ― 裕福な人々は長生きするために若者の血を注射している ― が、アメリカでは今や現実となり、実際のビジネスとなっているのだ。これがビジネスとなっているだけではない。億万長者たちは実際にこれに興味があると認めている。


---
パラビオシス
http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2011/20120210_02.html
というものを調べているんだが、実に興味深い。老いたマウスに若いマウスの血を流入させたところ、大変な若返り効果があったということだ。
---


ペイパルの共同創業者でドナルド・トランプの顧問でもある億万長者のピーター・ティールがInc.誌に語った言葉だ。
http://www.vanityfair.com/news/2016/08/peter-thiel-wants-to-inject-himself-with-young-peoples-blood


---
こうした、奇妙な具合に研究が進んでいない事は数多いと思う。
---


だが、これはもはや、マウスによる実験の段階ではない。ジェシー・カルマジンが立ち上げた新興企業「アンブロシア(神々の食物)」社は、人間でこれを行っており、金持ちたちは列を成して、若者の血を手に入れようとしているのだ。

ヴァニティ・フェアが報じるところによると、アンブロシアは血液バンクから血を仕入れており、今では顧客が100人ほど居るという。
http://www.vanityfair.com/news/2017/06/this-anti-aging-start-up-is-paying-thousands-of-dollars-for-teen-blood
その一部は、ティールのようなシリコンバレーの技術者だが、アンブロシアの顧客は技術者タイプだけではないし、35歳以上なら誰でも注射できる、とカルマジン社長は強調する。

当「自由思想プロジェクト」が1月に報告したように、サイエンス誌およびネイチャー・メディシン誌に発表された研究によれば、若いマウスの血を年老いたマウスに輸血したところ、本当に老化の症状が予防されたのだ。
https://www.extremetech.com/extreme/181818-vampirism-is-real-scientists-find-that-old-animals-can-be-rejuvenated-with-the-blood-of-the-young-and-innocent
この画期的な発見によって、医学にブレークスルーが起き、新薬が開発されるかも知れない。不道徳な健康記事が売りのニュース・メディアである「トニック(Tonic)」の報告によれば、この知識はもっとずっと邪悪なことに適用できるという。


(※ツイート)
---
TONIC‏認証済みアカウント
フォローする

裕福な老人たちは、若者の血を使って長生きしたいのよ。

171 リツイート 173 いいね
8:30 - 2017年1月5日
---


この報告によると、年老いたエリートたちは、若者の血を回春血清として利用しているという。今や彼らは、本当にこれを使っているのだ。

同様の主張は昨年、ジャーナリストのジェフ・バーコービチによって行われていた。ピーター・ティールを含むシリコンバレーの上流階級の数人にインタビューを行った結果彼は、若者の血を用いて老化を防ぐ「パラビオシス」と呼ばれる輸血術の存在を知ったのである。
http://www.vox.com/2016/8/3/12345930/peter-thiel-parabiosis-aging-blood-young


---
長寿科学への執心が流行となっているシリコンバレーには、ある噂が広まっている、とバーコービチは報告している。技術者として富を築いた様々な人々が何万ドルもかけて、若者の血を使ったパラビオシスという施術を年に何度も行うということが既に始まっているというのだ。
---


記事の中でバーコービチは若者の血を扱うブラックマーケットが発生/拡大することに対する懸念も表明していた。

若者たちが自発的に、エリートに対して自分達の血を売るのは、確かに何ら悪いことではないだろうが、このような行為の裏には、オカルト的なルーツを持つテーマが潜んでいる。

現代の殆どの文化においては、戦争にかこつけて大量殺戮と人身御供が未だに公然と行われているが、秘密裏ながら人食いが未だに行われていると論じる者は多い。

王族たちの間で人食いが行われている事実が秘密となったのは、ほんの数百年前だ。アメリカ独立戦争の頃のヨーロッパの支配階級の間では、「死体薬」の使用はごく一般的で、チャールズ2世(=王政復古期ステュアート朝のイングランド王、在位:1660年5月29日 - 1685年2月6日)
でさえ、彼のための特製薬を作らせていたのである。
http://www.smithsonianmag.com/history/the-gruesome-history-of-eating-corpses-as-medicine-82360284/

(※写真2キャプション)
死体薬 − エジプト人が死体防腐処理を行う様子

英国ダーラム大学のリチャード・サグ博士は、王族の間で行われていた死体薬作りについて、大規模な研究を行った。
https://www.dur.ac.uk/news/newsitem/?itemno=12100


---
「ヒトの死体の肉や骨、血は、ごく普通の手当を行う際の治療薬として広く用いられてきた。人食いの風習は新世界でのみ見つかったとしばしば信じられているが、ヨーロッパでも行われていた」とサグは述べる。
---


「学校ではもう滅多に教えられることはないが、このことの証拠は、当時の文学や歴史的文書の中に存在する:ジェームズ1世(=イングランド王、チャールズ1世の父)
は死体から採った薬を拒否した;チャールズ2世(=チャールズ1世の子)
は死体から自分用の薬をつくっていた;チャールズ1世はその遺体から薬がつくられた。チャールズ2世と同様に死体薬を用い、あるいは処方させた貴人としては、フランソワ1世、エリザベス1世の侍医ジョン・バニスター、ケント伯家系のエリザベス・グレイ、ロバート・ボイル、トーマス・ウィリス、ウィリアム3世
(=イングランド王、チャールズ1世の孫、在位:1689年2月13日 - 1702年3月8日)、
メアリー女王
(=イングランド女王メアリー2世、在位:1689年2月13日 - 1694年12月28日、夫ウィリアム3世の共同統治者)
が挙げられる」と、サグは付け加える。

これでもまだ奇妙に感じられない向きには、現在のイギリス王家が自分達は、ワラキア(現ルーマニア)のヴラド3世=通称ドラキュラ公の直系の子孫だと主張していることを指摘しておこう。
http://www.cbsnews.com/news/vlad-the-impaler-how-is-prince-charles-queen-elizabeth-related-to-him/
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=70981201
この病んだ、邪悪な支配者=「串刺し公」は、虐殺者として知られており、ついには史上最も悪名高い吸血鬼物語にインスピレーションを与えることになった。

このような行為にまつわる、身の毛もよだつ歴史的/オカルト的背景はさておき、臨床データが不足してい(ようと人気があ)ることが、この施術の有効性を物語っている。カルマジン社長は「若者の血は、老化プロセスを逆転させるような変化を惹き起こすのです」と主張しているものの、科学者たちはまだ、若者からの輸血と、目に見える健康上のご利益との結び付きを見極められないでいる。


---
この施術が有益であるという臨床的なデータは存在しません。要するにこれは、人々の信頼/公衆の興奮を裏切るものです。
---


2014年に若いマウスの血漿を用いて研究を行った、スタンフォード大学の神経化学者トニー・ウィス=コレイが、
https://www.ted.com/talks/tony_wyss_coray_how_young_blood_might_help_reverse_aging_yes_really?language=ja
去年の夏、サイエンス誌にこう語ったと、ヴァニティ・フェアは報じている。
http://www.sciencemag.org/news/2016/08/young-blood-antiaging-trial-raises-questions
posted by たカシー at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

日本南西部の火山「桜島」が噴火

SOTT 地球の変化


日本南西部の火山「桜島」が噴火
https://sott.net/en353043


マニラ・ブレティン
2017年6月6日

c James Reynolds
(※写真キャプション)
噴火する桜島

6日の朝、日本の南西部に位置する鹿児島県の火山「桜島」が噴火したと、東京の気象庁が発表した。

同庁によると、噴火が起こったのは現地時間の午前7:56で、この数週間では2番目に大規模なものだという。

気象庁によれば、標高1,117mの桜島の昭和火口から噴き出た噴煙は上空3200mにまで達した。

同庁は同様の噴火が起こるかもしれないと注意を促しているが、この噴火による怪我や被害に関する緊急報告はない。



直近では今年の5月29日に大規模な噴火があり、気象庁による桜島の噴火警戒レベルは3の「入山規制」となっている。火山活動が活発で、接近すべきでないことを示すものだ。

2016年9月、英国ブリストル大学と日本の火山活動研究センター桜島火山観測所(京都大学防災研究所附属)の専門家による共同チームは、今後30年以内に桜島で大規模噴火が発生する恐れがあるとの研究結果を発表している。
http://www.sankei.com/west/news/161102/wst1611020072-n1.html

Source: Philippine News Agency
(※日本では https://weathernews.jp/s/topics/201706/060095/ など)
posted by たカシー at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ミサイル攻撃が差し迫っている」:予想される北朝鮮からの攻撃に対して国民意識を高めるため、日本の町で避難訓練

SOTT ソサエティーズ・チャイルド


「ミサイル攻撃が差し迫っている」:予想される北朝鮮からの攻撃に対して国民意識を高めるため、日本の町で避難訓練
https://sott.net/en352981


RT
2017年6月5日

c JIJI Press / AFP
(※写真1キャプション)
避難訓練で教師の誘導に従う学童たち = 2017年6月4日、山口県阿武町

4日、日本海に面した小さな町=阿武町で避難訓練が行われ、「弾道ミサイルが接近中で、破片が落下してくるおそれがある」という警告が出されると、学童や住人数十名が安全な場所へと駆け込んだ。

防災行政無線のサイレンが鳴り響き、地元の小学校の校庭で遊んでいた児童たちがびっくりすると、それに続けて、「ミサイルが発射され壊滅的被害発生のおそれがある」という警告が、避難訓練に参加した約280人の町民に向けてスピーカーから流された。

アナウンスに従って、参加者たちは相伴って小学校の体育館へと向かい、攻撃の間、そこに避難していた。

想定された攻撃シナリオによれば、人口3,400人の山口県阿武町付近の岩場にミサイルが落下することになっていた、と時事通信は報じた。

c Kyodo / Reuters
(※写真2キャプション)
避難訓練に参加した小学生たち=2017年6月4日、日本国山口県阿武町

この避難訓練の狙いは、緊急通信手段をテストし、実際に攻撃が行われた際に、皆が指定された避難所にきちんと辿りつけるようにすることだった。この訓練は、内閣官房、総務省消防庁、山口県、阿武町の共催で行われた。

住民の末若ゆり子さん(67)は「落ち着いて行動して3分程度で避難できた」とAFPに話した。

「避難の方法はよく分かった」と、ある学童の父親であるオノさんはロイターに語った。だが、避難訓練は現実離れしていると感じたという。

「あまり現実味を感じない」と彼。

c Kyodo / Reuters
(※写真3キャプション)
避難訓練に参加した小学生たち=2017年6月4日、日本国山口県阿武町

一方で日本政府は、北朝鮮によるミサイルの航続距離が伸び続けていることによる脅威をとても深刻に受け止めているようだ。日本政府は、日本海沿岸に位置するためにミサイル攻撃を受けやすい都市や町に対して、市民参加の防空訓練を計画・準備するよう命じたと報じられている。避難訓練は続けて、山形県と新潟県で行われることになろうと、ある当局者は匿名を条件にAFPに語った。

弾道ミサイル落下を想定した、住民の意識高揚のための避難訓練が最初に行われたのは秋田県男鹿市で、3月のことだったと時事通信は報じている。先月、日本政府当局は、『内閣官房 国民保護ポータルサイト』を開設し、弾道ミサイルが発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性があるので、到達10分前にはミサイルが接近中であることを知らせる旨を国民に発表した。このような情勢の変化に国民が十分備えられるよう、日本政府はまた、『武力攻撃やテロなどから身を守るために』というパンフレットも公表している。
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html

4日には、福岡県南部の大野城市でも同様の訓練が実施されたと報じられているが、こちらは日本政府との共催ではなく、市単独での実施だという。

だが、専門家は避難訓練の実際の有効性に疑問を呈している。

「避難することで、どれぐらいの数の人命が助かり、どれくらいの有効性があるかについては何とも言えない」と、日本の元自衛艦隊司令官である香田洋二氏はロイターに語った。「生存率は確かに高まる」にしても、最終的に恩恵を被る人の数は定かではないと言う。

この地域の緊張が高まる中、5月28日に北朝鮮が発射した短距離弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したため、状況は一層緊迫の度を深めている。30日、アメリカは大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した迎撃実験に成功した。アメリカは、この実験は「数年前から」計画していたものだとしているが、北朝鮮は、アメリカが孤立した国家に対して「核戦争をしかける準備」であり、核軍備の開発を続けると宣言する「危険な行為である」として非難した。これに続いて、日本海では米海軍の2隻の空母と日本の2隻の護衛艦が参加して、大規模な共同訓練が行われた。

その一方でアメリカ政府は、北朝鮮がアメリカにとっての「明白かつ現在の危険」であるとして、この反抗的な同盟国を抑え込む責任を果たすよう、中国に対する働きかけを強めている。日本時間3日未明、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する制裁を強化する決議を全会一致で採択すると、北朝鮮は米中両国が共謀の上、国連安保理での決議可決を強行し、「自分達の利益のみをむさぼる横暴ぶりを露呈した」と非難、同国が「核軍備の道を後戻りすることはない」と宣言した。


---
SOTT編集部コメント:これも参照のこと:「愚かな空威張り」:米国の迎撃ミサイルシステムでは北朝鮮による「降り注ぐ核砲火」を防げない
https://www.sott.net/article/352842-Foolhardy-move-US-missile-interceptor-system-wont-stop-N-Korean-shower-of-nuclear-strike
---
posted by たカシー at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする