2012年06月24日

グリーンバウム講演

http://cassiopaea.org/2010/09/17/the-greenbaum-speech/
The Greenbaum Speech
グリーンバウム講演

Hypnosis in MPD: Ritual Abuse
多重人格障害(MPD)における催眠術の効果:儀式的虐待

全面的に見直しました。ザ・ウェイブ第14章
http://takapachi1962.seesaa.net/article/418830088.html
の後半をご覧ください。
posted by たカシー at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

シーズのヒット・リスト08:神託と陰謀について:TWA航空800便、911、新型インフルエンザH1N1、そしてVISA

http://www.sott.net/articles/show/247080-The-Cs-Hit-List-08-Of-Oracles-and-Conspiracies-TWA-800-9-11-H1N1-and-VISA#
The Cs Hit List 08: Of Oracles and Conspiracies: TWA 800, 9/11, H1N1, and VISA
シーズのヒット・リスト08:神託と陰謀について:TWA航空800便、911、新型インフルエンザH1N1、そしてVISA


Harrison Koehli
ハリソン・ケーリ
Sott.net
Sat, 23 Jun 2012 17:12 CDT


Evelyn de Morgan - Ariadne on Naxos (1877)
イーヴリン・ド・モーガン画『ナクソス島のアリアドネ』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%BC
(写真左)


So far in this series, I've focused a lot on history and science, albeit some of it of a particularly paranormal persuasion.
これまで私は、本シリーズにおいて、歴史と科学に焦点を当ててきたが、中には殊の外、超常現象への確信的な性格を帯びているものもあった。
To jog the reader's memory, the first installment began with a discussion of prophecy and prediction and asked some questions such as:
思い出されたいのだが、連載の初回は、預言と予言、そして、以下のようないくつかの疑問で始まっていた:
Can prophecies be true?
預言が正しいということはあり得るのだろうか?
If so, are they all true?
もしそうだとすれば、どれも正しいのだろうか?
All fake?
全てイカサマなのか?
How can we weed out the cons from the clairvoyants, and can a good source give a bad prediction?
どうすれば透視能力者にイカサマをやめさせられるだろうか?どうして善良なソースが誤った予言を行うのだろうか?
How come?
どうして?
Well, today I want to veer in a slightly different direction - no climate science, companion stars, catastrophic comets, or non-coding DNA.
今回は少しばかり趣向を変えたいと思う。気候科学も伴星も、破滅をもたらす彗星も、アミノ酸配列に翻訳されないDNAも無しだ。
No, I want to ground this one in something a little more SOTT-ish: politics and conspiracies.
そうではなくて、今回は地に足の着いた、もうちょっとSOTT的な内容で行きたい:策略と陰謀論である。

Over the course of the Hit List series, some readers may have wondered what place so-called 'paranormal' research has on an alternative news website.
ヒットリストの連載が続くのを見て、読者の中には、どうしてオルタなニュース・サイト上で、いわゆる「超常現象の」研究が展開されているのだろうと不思議に思った方も居られただろう。
And others may, as I did just under a decade ago, wonder what on earth political conspiracies have to do with so-called 'spirituality'.
そうではない方でも、ちょうど10年前の私がそうであったように、一体、政略的陰謀と、いわゆる「スピリチャルなもの」とが関係あるのだろうか、と思われたかも知れない。
I hope the answer to the former question is at least partially clearer by now, after seven installments.
前者の疑問に対する答えは、7回の連載が終わった今では、少なくとも部分的には解明されたことを願う。
In a world as controlled as our own,
(4D STSに)支配されている我々の世界では、
where lies can be glibly passed off as indisputable fact,
嘘が紛れもない事実として、スイスイとまかり通り、
with media, corporations, academia, and government acting as shapers of public opinion on every subject,
メディアや企業、アカデミズム、政府は、あらゆるテーマに関して、世論製造機としての役割を果たしていて、
an individual finds him or herself in a situation not dissimilar to that of Theseus in the Minotaur's labyrinth.
人々の置かれた状況は、ミノタウロスの棲む迷宮に入れられたテセウスのそれに似ていなくもない
At every turn we are confronted by lies, even (and perhaps especially) when it comes to our most basic views about the nature of reality.
話題が我々にとって最も基本的な、現実の本質についての観方である場合でさえ、(いや、おそらく、その場合は特に)、曲り目にさしかかる毎に、我々は嘘に出くわすのだ。
And we would be lost if not for the thread of Ariadne.
そして、アリアドネの毛玉の糸が無かったならば、我々は道に迷ってしまうだろう。

While I'm on a Greek bent, let me share something a forum member recently pointed out from Manly P. Hall's The Secret Teachings of All Ages:
私はギリシャ好きなもので、フォーラムメンバーが最近、マンリー・ホールの『象徴哲学大系』
http://mixi.jp/view_item.pl?id=1534781&reviewer_id=1702268
から引用した一節を、ここでご紹介するのをお許しいただきたい。


---
It is generally admitted that the effect of the Delphian oracle upon Greek culture was profoundly constructive.
デルフォイの神託がギリシャ文化に対して大いに建設的な影響を及ぼしたことは一般に受け入れられている。
James Gardner sums up its influence in the following words:
ジェームズ・ガードナーはそのような影響を以下のように総括している。
"Its responses revealed many a tyrant and foretold his fate.
「神託の答えが数多くの暴君に対して明かされ、彼の運命を予言した。
Through its means many an unhappy being was saved from destruction and many a perplexed mortal guided in the right way.
こうした神意によって、沢山の不幸な人々が破滅から救われ、死の運命に当惑した多くの人々を、正しい方向に導いた。
It encouraged useful institutions, and promoted the progress of useful discoveries.
神託は実用的な制度を奨励し、役に立つ発見がもたらす進歩を後押しした。
Its moral influence was on the side of virtue, and its political influence in favor of the advancement of civil liberty."
その道徳的な影響は美徳に味方し、その政治的な影響は市民の自由の進歩に対し好意的だった」
---


In other words, there's our answer to the second question:
つまり、これが第二の疑問に対する我々の答えである:
a good oracle (or spiritual source) doesn't shy away from politics.
すなわち良い神託(ないし霊的ソース)は政治を敬遠しない。
Like a Greek cynic, or the proverbial Cassandra, the prime role of an oracle is to present a vision of the world as it is,
ギリシャの皮肉屋(犬儒派)、あるいは有名な女預言者カッサンドラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9
のように、神託の一番の役割は、世界のありのままのビジョンを提示することであり、
no matter how painful or unpopular the view, and provide the only alternative fit for a lie: the truth.
いかに悲痛な、あるいは不評を買うような観方であっても、嘘にしっかり取って代わる唯一の真実を提供することなのだ。
So, yes, we track 'high strangeness',
そう、確かに我々は「ハイ・ストレンジネス」を追跡するし、
and our worldview is quite at odds with the materialistic dictum peddled and enforced by PhD's and media pundits the world over.
我々の世界観は、博士たちや、世界中のメディアに出て来る専門家たちによって広められ、強制されているような、物質主義的な公式見解とは全く対立する。
Everything you 'know' is a lie, and that includes all your metaphysical assumptions about the way the 'reality' really works.
あなたが「知っている」ことは皆、嘘であり、「リアリティ」が本当はどういう仕組みになっているかに関する、あなたの形而上学的(心霊主義的)仮定の一切も、その中に含まれるのだ。
Luckily there's a way out of the labyrinth, and (please excuse me for going Biblical here!) the truth will set you free.
幸いにも、迷宮から出られる道はあるのであり(ここで聖書の引用になるのはどうかお許しいただきたい!)、真理があなたを自由にするのである。
(※ヨハネによる福音書 / 8章 32節
「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」 )

With politics, it's no different.
政治だって本質的には変わらない。
Any 'spiritual' source that suggests otherwise
どんな「霊的」ソースが別の事を言おうと、
- - perhaps holding the view that such things are unspiritual –
― おそらく、そのような事は霊的ではないという観方を抱いていよう ―
is no better than those COINTELPRO agents I discussed in installment five.
連載第5回で論じたコインテルプロのエージェント連中と変わりはないのである。

Think about it.
考えてみて欲しい。
Can you imagine a 'great spiritual leader' living under a corrupt government
腐敗した政府の庇護の元で暮らし、
who is so stupid as to believe the lies the Party tells him?
その政党が彼に言うことを信じるくらいに馬鹿な「偉大なる霊的指導者」など想像できるだろうか?
Or one who would give her support to a leader who spouts high-sounding words while killing innocent people?
あるいは、無実の人々が殺される一方で、仰々しいお言葉をとうとうとまくしたてて、霊的指導者をサポートするような巫女はどうだろうか?
Well, maybe those are dumb questions, because I can picture any number of such 'spiritual leaders'.
これはおそらくバカな質問だったろう。というのも、このような「霊的指導者」なら何人も目に浮かぶからだ。
But I hope the point is clear.
だが、これでポイントが明らかになればと思う。
A spiritual source that ignores politics is like a doctor who ignores disease.
政治を無視する霊的ソースは、病気を無視する医者のようなものなのだ。

On 3 January 2009, this topic came up:
2009年1月3日に、この話題が取り上げられた:


090103
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39291024&comm_id=2590126
---
Q: (L) I have a question I want to ask. A lot of people say that esotericism and politics shouldn't be mixed together, that somebody who has esoteric pursuits - or spiritual pursuits, let me put it that way - shouldn't be interested in 'worldly' things. I would like to have your view on this. Have we gone completely astray by mixing in politics?
聞きたいことがあるんだけど。 秘教と政治はごちゃ混ぜにしちゃいけないってよく言われるのよ。 エソテリックな事 ―スピリチャルな事と言ってもいいでしょうけど― に取り組むのなら、「世俗的な」物事に関心を持ってはいけないってね。 あなた方の意見を聞きたいわ。 わたしたちは政治を混ぜ合わせたために全く道を間違えてしまってるのかしら?

A: Absolutely and vehemently not!!! There is no possibility of true spiritual work progressing without full awareness of the world that surrounds you. What have we said about "true religion?" Let your curiosity guide you. In its pure state curiosity is a spiritual function.
断じてそのようなことは無い!!! 自分の周りの世の中についての十分な気付きも無いままで、本当のスピリチャルなワークがはかどる見込みなど無い。 「真の宗教」について私たちは何と言っただろうか? 好奇心の赴くままに従いなさい。 純粋な状態にある好奇心は、霊の働きなんだ。

[HK: The reference to 'true religion' is from 28 September 2002:
筆者(HK)注:「真の宗教」は2002年9月28日のセッションに出ている:
020928
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=45523122&comm_id=2590126
---
"Life is religion. Life experiences reflect how one interacts with God. Those who are asleep are those of little faith in terms of their interaction with the creation. Some people think that the world exists for them to overcome or ignore or shut out. For those individuals, the world will cease. They will become exactly what they give to life. They will become merely a dream in the 'past.' People who pay strict attention to objective reality right and left, become the reality of the 'future.' "
人生とは宗教だ。 人生における経験は、その人が神とどの程度やり取りしているかを反映している。 眠っている人々は、創造とのやり取りという観点における信仰が殆ど無い人々である。 一部の人達は、世界とは、彼らが制覇し、あるいは無視し、あるいは終わらせるための存在だと考えている。 このような人々にとって、世界は終わるであろう。 彼らは、自分達が世界を遇したのと全く同じ扱いを受けよう。 彼らは単なる「過去」の夢となるのだ。 客観的リアリティの到る所に対し、厳しく注意を向ける人々は、 「未来」のリアリティになるであろう。
--- ]
---


Kim Bach - flickr.com
The Oracle of Delphi
デルフォイの神殿
(写真右)


TWA 800 Secrets
トランスワールド航空800便墜落事故の秘密

So with that in mind, let's check the Cs track record on a few issues.
という辺りを心に留めながら、シーズの実績について、何件か確認して行きたい。
While doing some research on fireballs and meteors
火球と隕石についていくらか調べていくうち、
recently I came across a letter to the New York Times in an old installment of SOTT's 'Connecting the Dots' series.
最近になって私は、SOTTの古い連載である『コネクティング・ドッツ(点と点を結ぶ)』シリーズに
http://www.sott.net/articles/show/188211-Connecting-the-Dots-Fireballs-mass-vaccinations-and-CIA-inspired-revolutions%20
引用されている、ニューヨークタイムズ紙に宛てられた1通の手紙を偶然見つけたのだった。
The writers, Charles Hailey and David Helfand, professors of physics and astronomy, respectively, at Columbia University,
差出人である、コロンビア大学の、それぞれ、物理学と天文学の教授である、チャールズ・ハイリーとデビッド・ヘルファンドは、
wrote the letter on 17 September 1996 in response to the breakup of TWA Flight 800 two months earlier, which killed 230 people.
1996年9月17日、2か月前に230名の命を奪った、トランスワールド航空(当時)800便墜落事故の原因を問われて、手紙を書いたのだった。
Hailey and Helfand calculated
ハイリーとヘルファンドの計算では、
"the probability that one commercial airliner over the last 30 years of high-volume air travel would be struck by an incoming meteor with sufficient energy to cripple the plane or cause an explosion"
「過去30年間に大量のフライトをこなした、ある商用航空機が、航行不能に陥り、ないしは爆発する程度のエネルギーを帯びた隕石に衝突する可能性」は、
as being 1 in 10.
10対1だという。
They concluded:
彼らはこう結論している:
"We believe the meteor or cometary fragment impact theory deserves more considered attention."
「我々は、隕石ないし彗星のかけら衝突説がもっと注目考慮に値するものだと考えます」


(※手紙の原文
---
To the Editor:
編集者殿

The odds of a meteor's striking T.W.A. Flight 800 or any other single airline flight are indeed small.
隕石がTWA800便、あるいはどれでも、1機の飛行機にぶつかる確率は確かに小さいです。
However, the relevant calculation is not the likelihood of any particular aircraft being hit,
しかし、この場合の適切な計算法は、単なる1機の飛行機にぶつかる見込みではなくて、
but the probability that one commercial airliner over the last 30 years of high-volume air travel
would be struck by an incoming meteor with sufficient energy to cripple the plane or cause an explosion.
過去30年間に大量のフライトをこなした、ある商用航空機が、航行不能に陥り、ないしは爆発する程度のエネルギーを帯びた隕石に衝突する可能性になります。


Approximately 3,000 meteors a day with the requisite mass strike Earth.
1日に降ってくる、ある程度以上の重さの隕石は3,000個あります。
There are 50,000 commercial airline takeoffs a day worldwide.
1日に世界中で離陸する商用機は50,000機です。
Adopting an average flight time of two hours,
平均的なフライト時間を2時間とすれば、
this translates to more than 3,500 planes in the air;
常時3,500機以上が飛んでいることになります;
these cover approximately two-billionths of Earth's surface.
これは、地表の大体10億分の2の面積をカバーします。

Multiplying this by the number of meteors per day and the length of the era of modern air travel
これに、1日あたりの隕石の数と現代航空機時代の期間を掛けると、
(※3000*365*30=3285万個。5億で割ると0.0657=6.6%だから、ほぼほぼ10%ということでしょうか?)
leads to a 1-in-10 chance that a commercial flight would have been knocked from the sky by meteoric impact.
10対1の確率で商用機は空中で隕石に撃ち落とされる計算になります。

No such calculation of the probability of a rare event can be taken as proof of cause.
このように稀な出来事の確率計算は、事件の証拠とはなり得ないでしょう。
But it is essential to pose the problem correctly in order to obtain an estimate that can be used in determining whether or not the hypothesis is worth considering.
ですが、仮説が考慮に値するかどうかを決めるのに利用できるような、正確な見積もりを得るためには、問題を正確に提示することが不可欠です。
We believe the meteor or cometary fragment impact theory deserves more considered attention.
我々は、隕石ないし彗星のかけら衝突説がもっと注目考慮に値するものだと考えます。

Charles Hailey
David Helfand
チャールズ・ハイリー
デビッド・ヘルファンド
--- )



Unknown
(写真)


They have a point, especially given the increasing number of fireballs in recent years and the fact that practically no one in the mainstream considers such possibilities.
近年、特に火球の数が増えていること、そして、主流派の学者が事実上1人としてこのような可能性を考慮しないという事実からすれば、彼らの言うことには一理ある。
But their hypothesis probably has more relevance to the recent destruction of Air France 447 in 2009 than it did to TWA 800, as we'll see.
しかし、後で見るように、彼らの仮説はおそらく、TWA800便よりも、最近2009年に墜落したエールフランス447便の方により当てはまるであろう。
http://www.sott.net/articles/show/186672-What-are-they-hiding-Flight-447-and-Tunguska-Type-Events%20
Here's what the Cs had to say on 23 November 1996:
1996年11月23日、シーズはこう言っている:


961123
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32000480&comm_id=2590126
---
Q: (T) About Flight 800. Pierre Salinger claims that the info floating around on the internet is accurate. He says that the Navy downed the flight.
最近起こった『トランスワールド航空800便墜落事故』について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E8%88%AA%E7%A9%BA800%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85
ピエール・サリンジャー
http://www.google.com/search?q=cache:5N5Wq8dmSggJ:fair-port.com/tama/news8.html+%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&hl=ja&ct=clnk&cd=34&gl=jp
http://en.wikipedia.org/wiki/Pierre_Salinger
が、ネットで広まっている情報は正しいと主張してるんだ。 彼は、海軍がこの飛行機を撃ち落としたと言っている。

[HK: Before his journalism career, Salinger was White House Press Secretary for both JFK and LBJ.]
[HK:ジャーナリストになる前、サリンジャーはJFKやLBJ(リンドン・ジョンソン)の大統領報道官を務めていた。]

A: Close. Pierre Salinger is an impeccable journalist and not one to "fly off the handle."
ピエール・サリンジャーは非の打ちどころがないジャーナリストで、 「自制心が飛び去ってどっかに行ってしまうことのない」男だ。

[HK: Salinger had received information from a long-time French Intelligence contact
[HK:サリンジャーは長年フランス情報部員とコネがあり、
http://iangoddard.com/twa800/salinger.htm%20
そこから、
that it had indeed been 'friendly fire' that downed the flight.
TWA機は実際は自国軍からの「誤爆」によって撃墜された、との情報を得ていた。
The information came from Capt. Richard Russell,
この情報はリチャード・ラッセル機長が出所で、
who claimed to get the information from a friend who had attended a high-level briefing on the incident.
彼は、この事件に関する上層部向けブリーフィングに出席した友人から情報を得たと主張していた。
Russell has stood by his claims, filing an affidavit asserting so in a lawsuit against the government.]
ラッセルはサリンジャーの主張を支持し、政府に対する、ある訴訟における宣誓供述書でもそのように主張している。]
http://www.serendipity.li/more/goddard2/twa800.htm

Q: (T) Very true. And that is why I am amazed that the rest of the journalism community is attacking him.
ホントそうだね。 だからこそビックリしてるのは、他のジャーナリスト連中がこぞって彼を攻撃してることなんだ。

A: Why should you be amazed? They are "bought and paid for."
どうして驚かねばならないんだ? 連中は「買収されて」いる。

[HK: Operation Mockingbird was a CIA program to infiltrate and influence the media, beginning in the 1950s.
[HK:オペレーション・モッキンバードと呼ばれる、CIAによる、メディア工作(侵入し影響を与える)プロジェクトが1950年代に始まっている。
Needless to say, they never stopped.]
言うまでもなく、連中はこれを止めていない。]

Q: (T) What did happen to flight 800?
800便には何が起こったんだい?

A: This was the result of an experiment gone awry. So was KAL "007" in 1983.
実験が失敗した結果だった。 1983年に起きた『大韓航空機撃墜事件』もそうだった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Korean_Air_Lines_Flight_007%20
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E6%92%83%E5%A2%9C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Q: (L) What was the nature of the experiment?
どんな実験だったの?

A: Testing of secret impulse guidance system using civilian airliner as an arbitrary "bounce" guidance target. Instead, it became the "homing" target, and a different aircraft became the bouncer. This was because the programmers did not anticipate the lower than expected altitude of the 747.
民間機を任意の「反発」誘導ターゲットに用いた、秘密裏のインパルス誘導システムの実験をしていた。 ところが、本機は代わりに「誘導」ターゲットになってしまって、 別の飛行機が「反発元」になったのだ。 原因はプログラマーが予想していたよりも低いところをボーイング747が飛んでいたことだ。

[HK: The flight exploded and crashed just 12 minutes after takeoff from the John F. Kennedy International Airport in New York.
[HK:TWA機は、JFK国際空港を離陸後丁度12分で爆発し墜落した。
Eleven minutes after takeoff, the Boeing 747 was flying at 13,700 feet, lower than usual
離陸の11分後、このボーイング747は、通常より低い13,700フィートのところを飛んでいた。
http://cassiopaea.org/forum/index.php?topic=19688.0%20
because it had delayed its climb in order to make way for another flight approaching Rhode Island.
これは、ロードアイランドに接近飛行中だったもう1機に道を譲るべく、TWA機が上昇するのを遅らせていたためである。
Seconds before the explosion, the flight crew had responded to Air Traffic Control instructions to climb to a cruising altitude of 15,000 feet.]
爆発の数秒前、乗員は航空管制官からの、高度15,000フィートまで上昇せよ、との指示に応答していた。]

Warning: this must stay in this room for the present!!!!!!!!!! The facts will eventually be discussed by others.
警告:今のところこのことは、他言してはいけない!!!!!!!!!! この事実もいずれは、他で論じられるようになろう。

[HK: This was the case, as we'll see below.]
[HK:下で見るように、これはその通りだった。]

At that time, the danger is lifted. Now, about KAL 007 ... that one is not dangerous to know. The plane was deliberately instructed to fly off course in order to trigger the Soviet's Pacific air defense system, to "see what they were made of" in that area. The plane was lost, but the experiment worked. They did not expect them to shoot down a civilian airliner.
Now, all moving targets create electronic impulses. These can be "read" by the proper extremely high tech equipment. Older radar guided systems are subject to malfunctions in weather conditions that are severe, as one example. Also, the impulse system is an offshoot of the electromagnetic pulse experiments being carried out at Montauk, Brookings and elsewhere as part of the HAARP project! In connection with Pentagon missile tests, HAARP has many interesting tie-ins, not the least of which is your cell phone towers.
そうなれば、危険は無い。さて、今ではもう知っても危険のない大韓航空機007便の方だが、同機はコースを外れて飛ぶよう故意に地上から指示されていた。これは、ソヴィエトの太平洋防空システムを作動させて、このエリアにおける同システム「の働きについて」調べたのだ。飛行機は失われたが、実験はうまく行った。いくらソ連でも、まさか民間機を撃ち落とすことはあるまいとの読みだった。
さて、あらゆる移動標的は電気インパルスを発生させる。超ハイテク装置を用いれば、これを「読み取る」ことができる。従来のレーダーによる探知システムは、例えば荒天のような天候コンディションでは、誤動作を免れなかった。また、インパルス誘導システムは、モントーク、ブルッキングス他で行われているEMパルス実験であるHAARPプロジェクトの派生プロジェクトでもあるのだ!ペンタゴンによるミサイル・テスト関連で、HAARPは多くのものとタイアップしている。それは、あなた方のいわゆるケータイ電波塔だけではない。

Now, the homing target can be any moving object. It can be whatever is entered on the computer.
It can be a squirrel in a tree, a jogger on the beach, a building, whatever you want. The system looks for any moving target in order to establish recognition to the computer, in order to establish recognition of match pattern of pulse. TWA 800 was flying at the exact same altitude that was supposed to be designated for the "drone" craft. The drone plane was farther out at sea. The "bounce" target was to be any moving object in the air within 400 square miles.
さて、どんな移動物体でも、誘導ターゲットとなりうる。コンピュータに登録しておけば、どんな物でもいいのだ。木の上のリスだろうと、ビーチでジョギングしている人や、ビルディング、何でも思いのままだ。システムはそのような移動標的を探して、コンピュータに認識させ、パルスのパターンによるマッチングを行う。TWA800便は、実験のための「ドローン」に指定される筈の高度を飛んでいた。ドローンはと言えば、ずっと外洋の方を飛んでいた。「反発元」となるターゲットは、誘導標的から400平方マイル(=1.6km四方)の空中にある移動物体なら何でもよい。

Q: (L) So, TWA 800, through a series of problems, happened to find itself at the right altitude, a restricted altitude, within the parameters of the experiment. Anything further on this?
じゃあ、TWA800便は、いろんな問題が重なって偶々、実験で使用されてる禁止高度を飛んでたって訳ね。本件については以上かしら?

A: Not for now.
今のところは。
---


Up to 154 witnesses from several vantage points
いくつかの見晴らしの良い地点に居た154人にのぼる目撃者は、
(including scientists, schoolteachers, Army personnel and business executives, according to the New York Post)
(ニューヨークポストによると、この中には、科学者や学校教師、軍人、企業幹部も含まれていた)
reported seeing a bright flare-like object 'streaking' up vertically towards the plane and changing direction mid-air (ruling out a meteorite).
明るく閃く物体が速度を「猛烈に上げながら」、飛行機に向かって飛んで行った後、空中に向きを変えた(隕石ではあり得ない)のを見たと報告している。
Radar had indeed picked up another object.
確かに別の物体がレーダーによって捉えられている。
Rick Hampson reported for AP on 19 July 1996 that
1996年7月19日、AP電のリック・ハンプソンは、
"Radar detected a blip merging with the jet shortly before the explosion."
「爆発直前、1つの輝点がジェット機と一緒になるのをレーダーが捉えていた」と伝えている。
This was probably in reference to the Long Island FAA radar technician
これはおそらく、ロングアイランドの連邦航空局(FAA)のレーダー技術者が見たものであろう。
who filed a report regarding "conflicting radar tracks that indicated a missile."
彼は「ミサイルを示す、レーダー上の交差軌道」に関する報告書をファイルしていた。
According to James Sanders (see below),
ジェームズ・サンダース(後出)によれば、
the radar tape was then analyzed by the FAA Technical Center, who found an 'unexplained blip',
レーダーの録画テープは、その後、FAA技術センターで分析されたが、この結果、「正体不明の輝点」が見つかっており、
and U.S. military experts told the FBI that a missile with a radar homing system would show up on an FAA radar set in transponder mode.
また、米軍の専門家はFBIに対し、自動応答モードにセットされた誘導ミサイルが、FAAのレーダーに写っていると語った。 
The Times of London also reported that spy satellite images showed "an object racing up to the TWA jet ... and smashing into it."
ロンドンタイムズもまた、スパイ衛星が写した映像では、「ある物体がTWAのジェット機の方向に急上昇し、これを突き抜けた」と報じている。
http://www.padrak.com/alt/TWA800CDA.html


Unknown
(写真)


The aftermath of the crash was an absolute farce.
撃墜は全くの茶番という後遺症を残した。
(※冒頭のアリアドネのオペラも悲劇と茶番を組み合わせたものらしいです。)
As the 'friendly fire' theory gained more ground, alternative theories popped up:
「自国軍による誤爆」説がより広く支持されるにつれ、これに代わる説が急浮上してきたのである:
the predictable 'terrorist attack' nonsense (propagated by Internet spooks),
予告されていた「テロリストによる攻撃」説(諜報部員によるネット上でのプロパガンダ)、
followed by a sparking fuel pump as the cause (for which there was no good evidence).
続いては、燃料ポンプ引火説(十分な証拠は全くない)だった。
Officials initially denied evidence of explosive residue.
当局は当初、証拠となるような爆発の燃え残りの存在を否定していた。
It was later found, but explained away as residue from a bomb-sniffing dog exercise (another impossibility).
後に爆発物探知犬が訓練中にそれを見つけたとして、言い逃れの材料とされた(これまたあり得ない)。


James Sanders was provided two samples of fabric from the flight by a TWA employee.
ジェームズ・サンダースはTWA従業員から、墜落機の構造物として2つの試料を入手していた。
He had them tested by an independent lab,
彼らがそれらを、独立系の研究所に検査させたところ、
which found residue consistent with a solid fuel rocket motor.
これらは固体燃料ロケットエンジンの燃え残りに一致することが判明した。
When he handed the samples over to CBS to have them tested again,
彼がこれらの試料を再検査のためCBSに引き渡したところ、
CBS handed them on to the government, and Sanders was found guilty of theft of government property.
CBSはこれを政府に提出したため、サンダースは国有資産の窃盗で有罪を宣告された。
Sanders went on to author a book, The Downing of TWA Flight 800,
サンダースは著書『TWA800便撃墜さる』を執筆したが、
where we find the following
以下は同書からの引用である
(first published in 1997, five months after the above excerpt):
(初版は1997年、上掲セッションの5か月後である):


---
As the evening of July 17, 1996 began, ... a joint naval task force was assembling for a critical test of a top secret weapons system. ...
1996年7月17日の夜、極秘兵器の重要なテストのために、海軍合同機動部隊が編制された。。。
At 2000 hours ... military zone W-105, thousands of square miles of ocean located south and southeast of Long Island, was activated by the United States Navy.
2000(ニーマルマルマル)時、ロングアイランドの南から南東にかけて広がる数千平方マイルの軍事地域W-105で、合衆国海軍の活動が始まった。
(※Wikipediaからの地図(写真左、A印はJFK空港)に20マイルの長さが示されていますが、千平方マイルというオーダーですから、全体で32x32マイルの正方形以上はあるのでしょう。なお、某所に写真中、写真右もありました。)
http://www.chemtrailcentral.com/forum/msg41685.html
Within minutes, from different locations around the sector, military activity increased as the various units participating in the operation deployed their aircraft and surface vessels. ...
数分以内には、この演習に参加する様々な部隊が、この地域の周辺の様々な場所から、飛行機や水上艦艇の配備を始め、軍事行動が活発化していった。。。

Over the horizon, to the East, in zone W-105, U.S. Navy AEGIS guided missile warships
水平線の向こうからは、東方向にある軍事地域W-105へと、合衆国海軍の誘導ミサイルを搭載したイージス艦が、
prepared for the final evaluation of a multibillion-dollar upgrade to their software, radar, and Standard IIIA and IV antiaircraft/antimissile missile. ...
1兆円規模をかけてアップグレードしたソフト、レーダー、スタンダードIIIAおよびIV型対空/ミサイル迎撃ミサイル
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1058811190
の最終評価のためにやって来た。
Tonight, the system itself had to be tested as the surface vessels sailed into position.
今夜、水上艦艇が所定の位置についたとき、このシステムのテストが行われるのだ。
At the same time, a Navy plane, with newly upgraded electronic equipment designed to work with AEGIS, slowly cruised.
同時に、イージス艦と共同作戦を行うよう設計された電子機器に新たにアップグレードされた、海軍の航空機も現れ、ゆっくりと巡航していた。
The plane was the key to the new top secret and highly complex radar tracking system that was in its third year of testing. ...
この飛行機は、3年越しでテスト中の、新しい極秘の、超複雑なレーダー追跡システムのカギを握るものだった。

Zone W-105 was selected for this final pre-certification test because of the complexity of the area. ...
軍事地域W-105が最終の事前テストに選ばれたのは、この地域の複雑さのためだった。。。
Long Island offered dense ground-clutter,
ロングアイランドは、地面からレーダーにグラウンド・クラッターと呼ばれるノイズが大量に入り込み、
http://www.aero.osakafu-u.ac.jp/as/okamoto/okamoto_new/tango/g_3.htm
and the constant flow of commercial air traffic out of JFK
また、JFK空港からひっきりなしに飛んでくる民間機の流れのお蔭で、
gave the navy the "neutral" radar blip it needed to test the discrimination skills of the targeting software.
海軍は、標的照準ソフトの識別能力のテストに必要な、「(敵か味方かはっきりしない)ニュートラルな」レーダー上の輝点を得ることができた。
Meanwhile, navy planes were approaching the exercise area
一方、海軍の航空機が数機、演習地域に接近中だったが、
to present "friendly" electronic signatures for AEGIS to track and compute into the task force battle array.
これはイージス艦が、機動部隊の隊形を追跡し計算する際の「友軍を表す」電子サインとなるためだった。
A "hostile" presence would soon appear in the form of a BQM-74E Navy drone missile launched in the vicinity of Shinnecock Bay, east of Riverhead, Long Island. ...
「敵役の」存在としては、海軍の高速無人標的機(ドローン)BQM-74E
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/jmsdf/other/chukar3/chukar3.html
が、ロングアイランドのリバーヘッドの東にあるシャインコックベイの付近に、すぐに発射されることになっていた。

... Shortly before 2030 hours on July 17, an all-clear signal was given to the drone's launch platform.
7月17日、2030時の少し前、危険なしの合図が無人標的機の発射台に伝えられた。
No general aviation or commercial aviation traffic was in the area.
一般機も民間航空機もこの地域には飛んでいない。
It was safe. ...
安全だった。。。
Within minutes of the all-clear, the drone was airborne.
危険なしの合図から数分のうちに、無人標的機は飛び立った。

... CEC could identify and track all commercial traffic, and friendly military surface and air traffic in and out of the countries bordering the Sea,
CEC(共同交戦能力:射撃指揮に使用できる精度の情報をリアルタイムで共有することにより、脅威に対して艦隊全体で共同して対処・交戦する能力)は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BA%A4%E6%88%A6%E8%83%BD%E5%8A%9B
海上で境を接する国々を出たり入ったりする、あらゆる民間機、友軍の艦船・航空機を識別し監視することが可能だったし、
while remaining on the lookout for a hostile cruise missile launch from any direction.
しかも同時に、いずれの方向から発射された敵の巡航ミサイルに対しても警戒することができた。
The Navy believed this system would allow them to discriminate electronically among friend,
海軍は、このシステムを使えば、コンピュータが、友軍、
foe, and background clutter and still fight a battle.
敵、背景にある混乱を判別した上で、さらに交戦も可能だと思っていた。
At least that's what the Navy thought ...
少なくとも海軍はそう考えていた。。。

... almost instantly, the interlocking software of each AEGOS-CEC platform acquired the target drone,
ほぼ瞬時に、各イージス艦に搭載されたCECコンピュータ上の連動システムが無人標的機を捕捉した。
... [one radar] computed a shot through the thickening fog of multiple "hostile" electronic jammers,
1つのレーダーが、「敵による」複数の強力なジャミング電波の霧を通過する、無人標的機の弾道を計算し、
plotted its trajectory, and commanded the software to automatically select the platform best positioned to make the shot.
その軌道をプロットして、撃墜する上でベストな位置にあるミサイル発射台を自動的に選ぶよう、システムに指示した。

The computer software then launched a Navy Standard IIIA or IV antimissile missile, specifically altered to function with this new equipment, toward the oncoming drone. ...
その後システムは、この新レーダーに対応するよう特別に改造された、海軍スタンダードIIIA型ないしIV型のミサイル迎撃ミサイルを、接近してくる無人標的機に向けて発射した。。。
The antimissile missile climbed high into the evening sky and rocketed west in the general direction of the low-flying cruise-missile drone,
ミサイル迎撃ミサイルは夜空高く打ち上げられ、おおよそ、ドローンである巡航ミサイルが飛んでいる、西の低空に向けて飛んで行った。
toward a position where its onboard computer was expecting to receive a midcourse correction.
方向については、迎撃ミサイルに搭載されたコンピュータが、中間軌道修正指示を受信することになっていた。
This signal was supposed to fine-tune the Standard missile's trajectory in order for the inboard semi active radar homing device
この信号は迎撃ミサイルに搭載されたセミアクティブ方式の電波ホーミング誘導装置が、
to lock onto the target as the Standard missile began its plunge toward the drone a few thousand feet below.
数千フィート下を飛ぶ無人機に向かってスタンダードミサイルが急降下し始めるときに、標的をロックオンできるよう、ミサイルの軌道を微調整することになっていた。
At least that was the plan.
少なくとも計画上は。

Commercial planes rising into the sky from JFK were unwitting participants in this final test of 21st century technology. ...
JFK空港を飛び立つ各旅客機は、この21世紀のテクノロジーの最終テストに、意識せぬまま参加していた。
TWA Flight 800 ... crossed into the warning zone and technically became a "neutral".
TWA800便は。。。警告ゾーンへと侵入し、技術的には「(敵か味方か判別できない)ニュートラルな状態」になった。
At the same time, the electronic receiver onboard the Navy Standard missile began sweeping its secure radio frequency,
同時に、海軍スタンダードミサイル搭載の受信機は、確実な電波を探し始めた。
waiting for the course correction commands from the AEGIS computers to direct the weapon,
これは、イージス艦のコンピュータからのコース修正指示を待つためだったが、
now at its predesignated point, to where it was supposed to attack its prey.
今や敵機を迎撃すると想定されていた地点にさしかかっていた。

But prior to the mandatory midcourse correction the last AEGIS-CEG radar still tracking the missile and the drone through the heavy electronic jamming
しかし、不可欠な中間軌道修正が行えないまま、最後のイージス艦のCECレーダーは、強力なジャミング電波の中、未だにミサイルと無人機を探索中だったが、
suddenly went completely blind.
突然完全に何も探知できなくなってしまった。
The drone and Standard missile could not be tracked. ...
無人機とスタンダードミサイルは探知不可能となり。。。
the Standard missile was no longer under the control of the AEGIS-CEC system. ...
スタンダードミサイルはもはや、イージス艦のCECシステムのコントロールから脱してしまった。。。
In an instant, the Standard's internal radar acquired TWA Flight 800 at well above and to the west of the target drone.
その瞬間、スタンダードミサイルの内蔵レーダーは、標的である無人機の遥か上空、西方を飛ぶTWA800便を捕捉した。
The antimissile missile's radar turned sharply to the right, aimed its inert war head at the 747,
ミサイル迎撃ミサイルのレーダーは右に急カーブするよう支持、模擬弾頭を747に向けさせ、
and painted an electronic bull's-eye on an area just in front of the right wing.
旅客機の右翼すぐ前の場所を標的に定めた。
The missile leveled off in a direct line to its impact point, and then at full speed slammed into the fuselage several feet below the passenger cabin. ...
ミサイルは水平飛行に移ると、衝突地点に向かってまっしぐらに飛んで行き、そしてフルスピードで、客室数フィート下の胴体部に衝突したのだった。。。
---


You can read the full excerpt here,
ここ
http://whatreallyhappened.com/RANCHO/CRASH/TWA/sandersbook.html%20
で抜粋部分の全文が読めるが、
which includes a good summary of the events of the crash and the subsequent cover-up.
その中には、撃墜事件および、その後の隠ぺい工作の全貌が述べられている。
While his account makes no mention of secret 'electronic impulse' technology, the similarity is still striking,
彼の説明には、秘密の「電子パルス」テクノロジーに関する言及はないが、交信文との類似は顕著であり、
and suggests to me that, however he got his information, it was probably a limited hangout.
確かに彼は情報を入手していたものの、おそらくは一部のみを暴露したのではないかと私には思われる。
In other words, present the facts as accurately as possible, but leave out anything too 'sensitive'.
つまり、可能な範囲では正確な事実を提示しているが、あまりの「機密」事項はカットしているのだ。


9/11 and the Dancing Israelis
911と踊るイスラエル人


Reading about the way in which the official bodies involved in the investigation went about doing damage control, sowing disinformation, and in general covering up the truth about TWA 800
TWA800便事件に関する捜査に乗り出した公的機関が、ダメージコントロールや、ディスインフォメーションのばら撒き、真実の公衆からの隠ぺいに精を出す様子について読んでいるうち、
should bring to mind any number of recent 'tragedies' and 'attacks' that have been given the 'Gaslight' treatment.
想起されるのは、「ガスライティング」の
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_GaslightingTheBook.htm
効果を狙った、最近の「悲劇」や「攻撃」の数々である。
9/11 was the biggest, by far.
これまでで最大のものは911だった。
Just three days after the attacks, on 14 September 2001, the Cs had this to say:
攻撃のわずか3日後の2001年9月14日にシーズはこう語っている:


010914
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34979132&comm_id=2590126
---
Q: We have a series of questions about this recent event. Was the attack on the World Trade Center undertaken by Muslim Terrorists?
今度の事件について、いくつか聞きたいんだけど、 WTCへの攻撃は、イスラム教徒のテロリストが行ったの?

A: No.

Q: Who was behind this attack?
この攻撃は誰の仕業なの?

A: Israel.
イスラエル。

Q: Is it going to become known that it was Israel? Will they be exposed?
イスラエルの犯行だってことは、いずれ明らかになるの? 発覚するのかしら?

A: Yes.

[HK: This turned out to be true, to an extent. See below.]
[HK:これはある程度正しいと判明している。後述参照]

Q: Is this the event that is going to lead to the destruction of Israel?
この事件は、イスラエルの破滅につながるの?

A: Yes.

[HK: Open, at this point.]
HK:現時点では真偽不明。


[...]


Q: Are there going to be further terrorist attacks in the U.S. next week as others have been predicting?
予言されてるみたいだけど、アメリカでは今後数週間のうちに、さらにテロリストの攻撃があるの?

A: No.

[HK: True.]
HK:正しかった。

Q: Are there going to be further terrorist attacks of this kind at any time in the near future in the U.S.?
アメリカではいつか近い将来に、このテのテロリストの攻撃がさらにあるの?


A: No.

[HK: True.]
HK:正しかった。

Q: Is this the beginning of WWIII?
これは第3次世界大戦の始まりなの?

A: No.

[HK: True.
HK:正しかった。
Despite being an aggressor, all the U.S.-led wars of recent years have been decidedly one-sided and 'local' in nature.]
侵略戦争ではあるものの、アメリカが仕掛けた近年の戦争はいずれも、明らかに多勢に無勢で「局地的な」性格のものだった。

Q: Is the U.S. going to bomb Afghanistan?
アメリカはアフガニスタンを爆撃するの?

A: Possible in future.
将来はありうる。
[HK: True.
正しかった。
The U.S. invaded Afghanistan just over three weeks later, on 7 October 2001,
アメリカがアフガニスタンを侵略したのは、このセッションからちょうど3週間後の、2001年10月7日だったが、
which included widespread air campaigns.]
この際、広範囲への空爆が行われた。

Q: Well, you say there aren't going to be any further attacks; can we believe you?
これ以上の攻撃はないって言ったわね; 信じていいの?

A: Up to you.
あなた方次第。

Q: (A) You say that Israel will be exposed; in what time perspective?
イスラエルの犯行であることが明らかになると言ったね; 何時ごろのことかな?

A: Month [before first hints emerge.]
(最初の手掛かりが現れるまで)あと1ヶ月。

Q: Expose Israel? How?
イスラエルのせいだとバレるって言うの? どうやって?

A: Yes,
open. Perhaps sooner.
どのようにバレかは未定。おそらくはもっと早く。
---


Indeed, the first hints had already been published in a few local newspaper reports from the previous days,
確かに最初の手掛かりは、以前からいくつかの地方紙上のレポートで既に公表されているものの、
but the details were still too obscure to form any sort of clear picture.
全貌が明らかになったと言える程には、依然詳細がはっきりしていない。
For example, on the 12th the Bergen Record reported that five men had been detained after they were "found carrying maps linking them to the blasts."
例えば、12日のバーゲン・レコードは、
(◆米国ニューヨーク州【新聞名】)
「攻撃現場までの地図を持っている」のを見つかった5人の男たちが拘留されたと報じている。
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a091101fiveisraelis#a091101fiveisraelis
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/154.html
Their 'Urban Moving Systems' van had also tested positive for bomb residue.
彼らが勤めていた「アーバン引越システム社」のバンからもまた、爆発物反応が出ている。
Three of the men, described as 'middle-eastern' in appearance,
このうちの3人は、「中東風の」恰好をして、
had been seen celebrating at Liberty State Park after the initial impact,
1回目の墜落の後、リバティーステイトパークでWTCの惨事を祝っているところを、
which prompted an FBI 'be on lookout' alert.
「警戒中」だったFBIに見つかっている。
East Rutherford Police identified the van and made the arrests.
イーストラザフォード警察署は件のバンを発見し、彼らを逮捕した。

On the 14th, General Hamid Gul, the former head of the Pakistani Inter-Services Intelligence agency (ISI), was interviewed by Newsweek, sharing his opinion that
14日には、パキスタン軍の諜報機関であるISIの元長官ハミド・グルが、
http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/assange.php
ニューズウィークのインタビューに答えて、
"it was a coup [attempt], and I can't say for sure who was behind it, but it's the Israelis who are creating so much misery in the world.
「あれはクーデタを起こそうとしたものだが、首謀者については私にも確かな事は言えない。だが、世界中で多くの悲惨な事件を起こしているのはイスラエル人である。
The Israelis don't want to see any power in Washington unless it's subservient to their interests, and President Bush has not been subservient."
イスラエル人は、自分たちの利害にとって役に立つもの以外の権力がワシントンに存在することを認めない。そして、ブッシュは彼らの役に立たなかった」との意見を述べている。
http://www.newsweek.com/id/75791/%20

On the 16th it was reported that Israel had issued 'urgent warnings' about an imminent attack, but provided no specific details.
16日には、イスラエルがアメリカに対して、攻撃が差し迫っているとの「緊急警告」を発したが、具体的な詳細情報は持っていなかったことが報じられている。
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a090401mossad#a090401mossad%20
U.S. intelligence denied the warning.
アメリカの情報部は警告されたことを否定している。
(※イスラエル情報機関が先月、米国に警告=英紙
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/david_stern.html
【ロンドン16日時事】16日付の英紙サンデー・テレグラフが報じたところによると、イスラエルの秘密情報機関モサドは8月に米情報機関に対し、米本土への大規模なテロ攻撃が差し迫っていると警告していたという。イスラエルの情報当局者が同紙に明らかにした。
それによると、モサドの高い地位にある専門家2人がワシントンに派遣され、米中央情報局(CIA)と連邦捜査局(FBI)に対して、200人規模のテロリストによる大型の作戦が準備されていると伝えた。
2人の専門家は作戦の具体的内容の情報は持っていなかったが、「ウサマ・ビンラディンとつながりがあり、イラクの関与を示唆する根拠があると米側に知らせた」と伝えたという。(時事通信 2001/09/16))
And on the same day, Ha'aretz reported that the five detained men were Israelis.
そして同日、イスラエルの新聞ハアレツは、拘留されている5人がイスラエル人であると報じている。
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a091101fiveisraelis#a091101fiveisraelis%20
The next relevant news reporting didn't come until 8 October (three weeks after the session above).
次の関連報道は10月8日(上掲セッションの3週間後)までなかったのだが、これによると、
http://www.nytimes.com/2001/10/08/nyregion/5-young-israelis-caught-in-net-of-suspicion.html%20
The five men were identified as Sivan & Paul Kurzberg, Yaron Schmuel, Oded Ellner & Omer Marmari.
5人は、シヴァンおよびポール・クルツベルク、ヤロン・シュムエル、オデッド・エルナー、そして、オメル・マルマリであることが分かった。
The men had a box cutter, $4,700 in cash, fresh photos of the burning WTC on a camera, and one carried two passports.
この男たちはカッターナイフ、現金4,700ドル、カメラで炎上するWTCを撮った鮮明な写真を持っており、1人は2つのパスポートを所持していた。
At least 4 of the 5 worked for Urban Moving Systems (explaining the box cutter),
5人中の少なくとも4人は、アーバン引越システム社で働いており(だからカッターナイフを持っていた)、
and all faced deportation for overstaying their visas and 'other immigration offenses'.
全員がビザで認められているよりも長期の滞在や、「その他の入国がらみの違法行為」の嫌疑をかけられていた。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IjSi30ODcbw


In the years after, several more details would emerge.
その後時間が経つに連れて、いくつかのより詳細な事実が明らかになった。
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a091101fiveisraelis#a091101fiveisraelis%20
After resisting police orders to leave the vehicle, and before any reason had been given for their arrest, Sivan Kurzberg said,
バンから離れるようにとの警察の命令に抵抗した後、何の理由も告げられずに逮捕される前に、シヴァン・クルツベルクはこう言ったという。
"We are Israeli.
「私たちはイスラエル人だ。
We are not your problem.
私たちはあなたがたにとって問題ではない。
Your problems are our problems.
あなたがたの問題は私たちの問題だ。
The Palestinians are the problem."
パレスチナ人こそが問題なのだ」
Another lied about their whereabouts, saying they were on the West Side Highway during the attacks.
別の1人が、どこに居たのかという質問に嘘をついて、彼らは攻撃の最中、ウェストサイド・ハイウェイに居たのだと言った。
Two of the men (the Kurzbergs) would be revealed by the FBI as agents of Mossad, and that all were on a Mossad surveillance mission.
男たちのうちの2人(クルツベルク兄弟)は、FBIによって、モサドのスパイであることが明らかにされ、全員がモサドの偵察ミッションに従事していたことが分かった。
(There are very few official Mossad agents - most act on a 'volunteer' basis, i.e., off the books.)
(モサドの公式なスパイというものは極く僅かしかいない − ずっと多くが「ボランティア」ベース、すなわち、登録されずに活動している。)
All five were released and deported to Israel on 20 November 2001, after 71 days in custody.
71日間勾留された後、2001年11月20日には、5人とも釈放されイスラエルに移送された。
They claimed to have been tortured.
彼らは拷問を受けたと主張している。
Two other employees of Urban Moving Systems had been arrested on 12 September: Roy Barak and Motti Butbul.
アーバン引越システム社の他の2人の従業員も9月12日に逮捕されていた:ロイ・バラクとモッチ・バトブルである。
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a091201moremoverarrests#a091201moremoverarrests%20

The owner of Urban Moving Systems, Dominick Suter, had been questioned on 12 September,
アーバン引越システム社のオーナーであったドミニク・スーターは9月12日、職務質問を受けていたが、
but when the FBI returned a few days later, he was nowhere to be found, having fled to Israel with his wife on the 14th.
数日後にFBIが事務所に戻ってみると、彼の姿は見当たらず、彼は妻と共に14日にイスラエルに逃亡した後だった。
Christopher Ketcham later reported:
クリストファー・ケチャムは後のレポートで:
"Suter's departure was abrupt, leaving behind coffee cups, sandwiches, cell phones and computers strewn on office tables and thousands of dollars of goods in storage."
「スーターは突然出発したらしく、テーブルにはコーヒーカップやサンドイッチ、ケータイやコンピュータが散らばっており、倉庫には数千ドルの物品が残されたままだった」と書いている。
http://whatreallyhappened.com/WRHARTICLES/israeli_spies_911.html%20
Suter's name later appeared on the May 2002 FBI Suspect List, along with Mohammed Atta and the other alleged hijackers.
スーターの名前は、モハメド・アタ他のハイジャック犯とされる人々と一緒に、後の2002年5月にFBIの容疑者リストに登場している。
The FBI would later tell ABC News,
FBIは後に、ABCニュースに対して、こう語っている。
"Urban Moving may have been providing cover for an Israeli intelligence operation."
「アーバン引越社はイスラエルによる情報収集活動の隠れ蓑だったのかもしれない」
http://www.historycommons.org/context.jsp?item=a091401suter#a091401suter%20
The Jewish Daily Forward came to the same conclusion: that Urban Moving Systems was a 'front operation' for Israeli intelligence.
ジューイッシュ・デイリー・フォワード紙も同じ結論に達して:アーバン引越システム社はイスラエル情報部の「フロント機関」だった、としている。
Two former CIA officers confirmed this to Chris Ketcham,
元CIA幹部2名もクリス・ケチャムに対して、このことを認めた上で、
noting that "movers' vans are a common intelligence cover".
「引越用のバンは諜報員が共通して用いる隠れ場所」であるとも言っている。
Ketcham also wrote:
ケチャムはまた書いている:


---
A "former high-ranking American intelligence official", who said he was "regularly briefed on the investigation by two separate law enforcement officials", told reporter Marc Perelman
「2人の別々の取締官による捜査結果について、定期的に報告を受けていた」という、「アメリカ情報部の元高官」が、マーク・ペレリマン記者に語ったところによれば、
that after American authorities confronted Jerusalem at the end of 2001, the Israeli government "acknowledged the operation and apologized for not coordinating it with Washington". ...
2001年末に、アメリカ当局がエルサレムを問い詰めたところ、イスラエル政府は「工作につき認め、ワシントンと調整を行わなかったことを謝罪した」という。。。
From the beginning, "the FBI investigation operated on the premise that the Israelis had foreknowledge",
最初から「FBIは、イスラエルが本件について予め知っていたことを前提に捜査を行っていた」
according to [former chief of operations for counterterrorism with the CIA Vincent] Cannistraro. ...
と語るのは、元CIAテロ対策責任者のヴィンセント・カニストラーロである。。。
Before such issues had been fully explored, however, the investigation was shut down.
しかし、このような問題が十分明らかになる前は、捜査は中断されていた。
Following what ABC News reported were "high-level negotiations between Israeli and U.S. government officials",
ABCのニュースレポートの後、「イスラエルおよびアメリカ政府高官の間でハイレベルの交渉が行われ」、
a settlement was reached in the case of the five Urban Moving Systems suspects.
アーバン引越システム社5人の被疑事件について合意に至った。
Intense political pressure apparently had been brought to bear.
どうやら強力な政治的プレッシャーが加えられたようだ。
The reputable Israeli daily Ha'aretz reported
イスラエルの一流日刊紙ハアレツが報じたところでは、
that by the last week of October 2001, some six weeks after the men had been detained,
男たちが拘留されて、約6週間が経った、2001年10月の最終週には、
Deputy Secretary of State Richard Armitage and two unidentified "prominent New York congressmen"
国務副長官のリチャード・アーミテージと、2人の、氏名不詳の「著名なニューヨーク州下院議員」
were lobbying heavily for their release.
が彼らの釈放を求めて再三ロビーイングを行っていたと言う。
According to a source at ABC News close to the 20/20 report,
ABCニュースの報道特集番組『20/20』
(20/20 【形】視力が正常の、正常視力の、よく見える、洞察力がある◆【語源】20フィート離れたところから1/3インチの文字が識別できる視力)
に近い筋によれば、
high-profile criminal lawyer Alan Dershowitz also stepped in as a negotiator on behalf of the men to smooth out differences with the U.S. government.
知名度の高い刑事弁護士のアラン・ダーショヴィッツもまた、アメリカ政府とのもめ事を片づけるべく、男たちのためのネゴシエーターとして参加していたという。
---


A most revealing clue had come the day before 9/11.
最も重要な手掛かりは911以前に明らかになっていた。
In a report written for the Joint Chiefs of Staff, a group of second-year students at the Army School of Advanced Military Studies (SAMS)
統合参謀本部に向けた、SAMS(上級軍事研究のための陸軍学校)の2回生グループによる報告書は、
had referred to Israel's military as a "500-pound gorilla in Israel" that is "well armed and trained" and is "known to disregard international law to accomplish mission."
イスラエル軍を「イスラエルに生息する500ポンド級のゴリラ」と呼んでいるが、この“ゴリラ”は「十分な装備と訓練を受けていて」、「任務のために国際法を踏みにじる習性があるのは既知の事実」であると述べている。
http://www.cooperativeresearch.org/911timeline/2001/washingtontimes091001.html%20
http://www.asyura.com/sora/war5/msg/297.html
Of the Mossad, the report said:
モサドについては、この報告書は、
"Wildcard. Ruthless and cunning.
「この連中の行動は予見不能だ。やることが冷酷でずるがしこい。
Has capability to target US forces and make it look like a Palestinian/Arab act."
米軍部隊を襲って、それをパレスチナやアラブの仕業に見せかけるだけの能力がある」としているのだ。

Since revelations of the '5 Dancing Israelis', researchers have gone much further in investigating Israeli/Mossad complicity in the attacks.
「5人の踊るイスラエル人」の素性が明らかになって以後は、イスラエル/モサドが攻撃の共犯者であることについて、さらに突っ込んだ調査が進められてきた。
For example, see this collection of resources for a lot of it
例えば、沢山の調査結果を集めたものとして、このリソース・リスト
http://theinfounderground.com/forum/viewtopic.php?f=6&t=5367&start=0%20
がある
(summarized here).
(サマリはここ)。
https://wikispooks.com/wiki/9/11:Israel_did_it%20
And in addition to Pakistan's General Gul,
パキスタンのグル将軍以外にも、
a couple of other prominent people have laid the blame on Mossad,
他に2人の著名人がモサドの仕業だと語っている。
including former president of Italy, Francesco Cossiga
元イタリア大統領のフランチェスコ・コッシガ
("All of the democratic circles of America and of Europe ... now know well that the disastrous [9/11] attack was planned and realized by the American CIA and Mossad with the help of the Zionist world to put under accusation the Arabic Countries and to persuade the Western powers to intervene in Iraq and Afghanistan.") 、
(「欧米すべての外交環境は、あの悲惨な911の攻撃が、アラブ諸国を非難しイラク・アフガニスタン介入への西側諸国の影響力を行使するために、米国のCIA・モサドがシオニスト世界の支援を受けて企画・実行したものであることを、もはや知っている」)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=166569
and former German government minister, Andreas von Bulow.
および、元ドイツのシュミット内閣閣僚だったアンドレアス・フォン・ビューローである。
http://www.asyura2.com/07/war95/msg/621.html


Pandemic and Palestine
疫病とパレスチナの地

On 24 September 2001, ten days after the session quoted about 9/11, this exchange took place:
上掲の911に関するセッションから10日後の2001年9月24日、このようなやり取りが行われた:


010924
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35073049&comm_id=2590126
---
Q: (L) Are there going to be any other kinds of violence, such as bombs or airplanes being flown into buildings, or release of anthrax, or small pox, or any other kind of chemical or germ warfare activities? Any of those?
他にも何か暴力行為が、 例えば、爆弾とか、 飛行機がビルに突っ込むとか、 炭疽菌や天然痘ウィルスが撒かれるとか、 化学兵器や細菌戦争の類は無いのかしら。 どれか起こるの?

A: Yes.

Q: (L) Which ones?
どれとどれ?

A: Fair chance of germ disbursement.
細菌が撒かれる可能性が高い。

Q: (L) What kind of germ?
どんな種類の細菌?

A: Influenza.
インフルエンザ。

Q: (L) Do you mean a deadly form of flu?
致死性のインフルエンザってこと?

A: Yes.

Q: (L) But nothing like anthrax or small pox or any of those really sick ones? Is that it?
でも本当は、炭疽菌とか天然痘とか、もっとすごいヤツじゃないの?

A: No.
Keep looking and listening.
しっかり見、聞きなさい。

[HK: The 2001 Anthrax attacks had occurred a week before, infecting 22 and killing five.]
HK: 前の週に、2001年アメリカ炭疽菌攻撃事件が起こっており、22名が感染し5名が死亡した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E7%82%AD%E7%96%BD%E8%8F%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

Q: (L) Well we plan to. What is going to happen with the Middle Eastern situation; this Afghanistan or whatever?
そうするつもりよ。 中東の状況だけど、何が起こってるの?: アフガニスタンかどこかで。

A: Herding of population to much finer order of control.
人々を集めて ずっときめ細かなコントロールのための命令を出している。

Q: (L) What is the purpose of this control; this increasing control.
そのコントロールの目的は何なの?このコントロール強化の。

A: Preparation for war in Palestine.
パレスチナでの戦争の準備。

Q: (L) But nobody has said anything about having a war in Palestine. They're all talking about having a war in Afghanistan. How does Palestine fit in here?
でも、パレスチナで戦争があるなんて、誰もそんな話をしてる人は居ないわよ。 アフガニスタンでは戦争があると言われてるけど。 どうやってパレスチナ戦が、アジェンダに割り込むのかしら。

A: It is the ultimate objective of Israel.
それがイスラエルの究極の目標なんだ。

Q: (L) Why would they want to have war in their own country? Well, aside from the fact that they've been having a war in their own country for a long time. I guess they want to bring it to a final conclusion. What is going to be the result of this plan?
どうして彼らは、今更、自分の国で戦争をしたいのかしら? 長いこと自国での戦争続きだったというのに。 最終決着に持ち込みたいのね。 その計画の結果はどうなるの?

A: Destruction of Jews.
ユダヤ人の滅亡。
---


Interestingly, the two events hinted at above - a flu outbreak and war in Palestine - both occurred in early 2009.
興味深い事に、上では2つの事件 ― インフルエンザの発生とパレスチナでの戦争 ― が示唆されており、それらはいずれも2009年初頭に起きている。
The Gaza Massacre ('Operation Cast Lead') began on 27 December 2008, coming to a halt on 18 January.
ガザ大虐殺(「キャスト・レッド作戦」)は、2008年12月27日に始まり、1月18日に停止された。
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2561747/3712981
In those three weeks, 1,417 Palestinians were murdered, as well as 13 Israelis (4 from friendly fire).
この3週間で、1,417人のパレスチナ人が殺され、また13人のイスラエル人が犠牲になった(4人は友軍による誤爆)。
South African Justice Richard Goldstone's subsequent report rightly accused the Israelis of war crimes and crimes against humanity.
その後、南アフリカのリチャード・ゴールドストーン判事が率いる国連の事実調査使節団が、調査結果をまとめたが、これはイスラエル軍が民間人を故意に標的にしたことは戦争犯罪にあたり、おそらくは人道に対する罪にもなる、と正当にも糾弾する内容だった。
http://democracynow.jp/video/tag-%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%A0%B1%E5%91%8A
Unsurprisingly, it was met with a barrage of controversy and propaganda.
当然ながら、これは反論とプロパガンダの集中砲火を浴びることとなった。


Unknown
(写真)


Four months later, in April, the first reports of a possible flu outbreak in Mexico and the southwest U.S. hit the airwaves.
4か月後の4月、メキシコおよびアメリカ南西部でインフルエンザ大量発生か、という最初の報道が流れた。
In what was to become the 2009 'swine flu pandemic',
やがて2009年の「豚インフルエンザの大流行」となるこの疫病で、
several people were stricken with 'novel' H1N1 influenza
何人かの人々が冒されたのは、「新しい」H1N1型のインフルエンザだった
(a prior 'version' of which was responsible for the 1918 flu pandemic).
(これの前の「バージョン」が、1918年に大流行したスペインかぜを起こした)。
Apparently the human outbreak had begun in February.
どうやら人間への感染は2月に始まったようである。
http://www.nytimes.com/2009/06/24/health/24flu.html?_r=1%20
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/05/print/prt_d86805.html
After spreading rapidly, the WHO declared a global pandemic on 11 June, the first since the 1968 Hong Kong flu.
急速に広まったこの病気に対して、WHOは6月11日、世界的大流行を宣言したが、これは1968年のホンコン風邪以来のことである。
http://scienceportal.jp/news/daily/0906/0906121.html
By May 2010, it had reportedly caused anywhere from 9,000 to 18,000 deaths.
2010年の5月には、死者は9千から1万8千人の間と報じられた。
http://en.wikipedia.org/wiki/2009_flu_pandemic%20
http://ja.wikipedia.org/wiki/2009%E5%B9%B4%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%9A%84%E6%B5%81%E8%A1%8C
(By comparison, estimates for the mortality of the 1918 pandemic run as high as 130 million deaths.)
(比較のために言うと、1918年のスペインかぜの死者は1億3千万人に上ったものと推定される。)
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/418/418827.html

The virus was a veritable disease cocktail, including bits of human, avian and swine influenza viruses from North America and Eurasia.
このウィルスは文字通り病気のカクテルであって、北米からユーラシア大陸に及ぶ地域のヒト、鳥、豚インフルエンザが少しずつ混ぜられていた。
The pandemic sparked a ludicrous scramble and push for vaccines
この疫病は滑稽なワクチン開発・接種競争を誘発し
(e.g., Norway, with only 23 cases, ordered 9.4 million vaccines)
(例えば、ノルウェイでは23人の患者のために940万本のワクチンが注文された)、
and in general created a climate of hysteria totally out of proportion to the actual threat.
実際の脅威とは全く不釣り合いなヒステリックな雰囲気を大衆に惹き起こした。
As SOTT wrote at the time,
この時SOTTが書いているように、
"Consider also, the fact that the CDC was working on combining flu viruses back in 2004.
「早くも2004年には、米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention: CDC)がインフルエンザDNAの結合に取り組んでいた事実をも考慮すべきである。
A 'new' strain would necessitate another hugely expensive (and profitable) round of vaccine development and marketing."
『新』型発生となれば、実に高くつく(故に儲かる)ワクチン開発・販売の1ラウンドがまたもや始まらねばならなくなるのだ」
http://www.sott.net/articles/show/185714-Connecting-the-Dots-Psychopaths-Push-Forward-With-Engineered-Chaos-Conquest-War-Famine-and-Death%20
http://www.sott.net/articles/show/183267-Swine-Flu-Smoking-Gun-CDC-was-Combining-Flu-Viruses-in-2004%20


Not Cash, VISA
現金じゃなくVISAで

Given the current global financial crisis, especially the situation currently embroiling Greece,
こんにちの世界的な金融危機、特に最近のギリシャを取り巻く状況を考えると、
http://www.sott.net/articles/show/246898-Bailing-Out-Greece-is-like-Feeding-an-Insatiable-Beast-%20
I thought it might be fitting to look at something the Cs said back on 16 October 1994:
これは、振り返れば、1994年10月16日にシーズが言っていた内容にぴったりではないだろうか:


941016
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27958993&comm_id=2590126
---
Q: (L) What is the meaning of the number 666 in the Book of Revelation?
黙示録にある666という数字の意味は何?

A: Visa.
ビザ。

[HK: From later in the session:
HK:セッションの後ろの方より:
"VI is 6 in Roman Numerals. S was 6 in ancient Egypt. A was 6 in Sanskrit. VISA, see, is 666."
「VIはローマ数字の6。 Sはエジプトの古語で6。 Aはサンスクリット語で6。 ほら、VISAは666だ」
As far as I can tell, the symbol for 6 in hieratic Egyptian more resembled our letter 'z', the Greek lowercase form of which does, however, resemble a more curved 's' (ζ).
私の知る限りでは、エジプト象形文字で6を表す形は、英語の「z」の方が似ていて、
http://www.math.chalmers.se/Math/Grundutb/GU/MAN250/S04/Number_Systems.pdf%20
ギリシャ語の小文字で6を表す文字(ζ)は、もっとカーブした「s」に見えると思う。
Our numeral 6 actually comes from India, but the earliest representations more resemble a cursive 'e'.
我々の数字の6は実際にはインド由来だが、そこでの最初の形は、草書体の「e」に、より似ている。
http://en.wikipedia.org/wiki/6_%28number%29#Evolution_of_the_glyph%20
So, not quite a hit, based on what I could find, unless you consider Visa's phonetic pronunciation: ˈviːzə.]
ということで、調べた範囲では大当たりとは行かないのだが、ただしVisaの発音記号は「ˈviːzə」なので666である。


Unknown
(写真)


Q: (L) You mean as in credit card?
クレジットカードのこと?

A: Yes.

Q: (L) Are credit cards the work of what 666 represents?
666が表しているもののための仕掛けがクレジットカードなの?

A: Yes?
そうかな?

Q: (L) Should we get rid of all credit cards?
クレジットカードは全て処分すべきかしら?

A: Up to you.
あなた方次第。

Q: (L) Would it be more to our advantage than not to disconnect ourselves from the credit system?
クレジットシステムとは縁を切った方がいいのかしら?

A: Isn't just credit also debit.
クレジットだけじゃなくデビットもじゃないかな。

Q: (L) Is that an affirmative.
これって決まりなのね?

A: How are you going to do this?
一体どうするつもりかな?

Q: (L) Well, do you have any suggestions?
なんか忠告してくれないの?

A: World will soon have nothing but credit and debit. Have you not heard of this new visa debit cards? This is the future of money as controlled by the world banking system i.e. the brotherhood i.e. Lizards i.e. antichrist.
世界はすぐに、クレジットカードやデビットカード無しでは何事もできなくなる。
新しい、ビザのデビットカードについて聞いたことがないかな?これこそ、お金の将来の姿で、コントロールするのは、世界の銀行システム、即ちブラザーフッド、即ちトカゲ、即ち反キリストなんだ。

Q: (L) If I don't have a credit card then I don't have to belong to this system?
クレジットカードを持たなければ、このシステムに属さないでも済むの?

A: No.
You will have no choices: belong or starve.
選択の余地はない。従属するか、飢え死ぬかだ。
---


Well, we're not quite there yet,
我々はまだすっかりそこまで行ってはいないものの、
but apparently only 7% of financial transactions in the States are now done with cash,
どうやらアメリカの金銭上の取引で、現金で行われているのは、わずかに7%のようで、
and at least some movers and shakers in the financial industry are pushing for a 'cashless society'.
すくなくとも金融業界の実力者の何人かは「キャッシュレス社会」の実現を推進している。
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/banksandfinance/6968143/Is-a-cashless-society-on-the-cards.html%20
Apparently "cash is expensive", according to executive vice president of Visa Europe Steve Perry.
Visaヨーロッパの上級副社長であるスティ−ブ・ペリーに言わせれば、「現金は高くつく」ということらしい。
That was reported in September 2011.
これは2011年9月に報じられている。
Check out these headlines since then:
それ以後の関係する見出しを調べてみよう:


theology21.com
(写真右)


18 March 2012: 'Sweden moving towards cashless economy'
2012年3月18日:「スウェーデン、キャッシュレス経済へ移行中」
http://www.cbsnews.com/8301-202_162-57399610/sweden-moving-towards-cashless-economy/%20

19 March 2012: 'Nickeled and Dimed: Would the United States save money by switching to a cashless economy?'
2012年3月19日:「硬貨ジャラジャラ:アメリカはキャッシュレス経済に切り替えることで、お金を節約できるのか?」
http://www.slate.com/articles/business/cashless_society/2012/03/cashless_society_how_much_would_the_united_states_save_by_ditching_paper_money_.html%20
(Slate.com even has an archive devoted to the topic: 10 articles over a one-month period.)
スレートドットコムにはこのテーマのためのアーカイブまである:1か月に10本は記事を載せている。
http://www.slate.com/articles/business/cashless_society.html%20
(【名】《雑誌》スレート誌◆マイクロソフト社(Microsoft Corp.)のオンラインマガジン)

29 March 2012: 'Visions of a Cashless Society: Echoes'
2012年3月29日:「キャッシュレス経済のヴィジョン:反響は」
http://www.bloomberg.com/news/2012-03-29/visions-of-a-cashless-society-echoes.html%20

15 April 2012: 'Is a cashless society inevitable?'
2012年4月15日:「キャッシュレス社会は必然か?」
http://www.cbc.ca/news/yourcommunity/2012/04/is-it-time-for-a-cashless-society.html%20

13 June 2012: 'Cashless society: Do we even need cash?'
2012年6月13日:「キャッシュレス社会:現金は必要なのか?」
http://www.moneysense.ca/2012/06/13/cashless-society/%20

With all the media coverage coming at this time,
こうした報道を見ていると、
I hope readers will forgive my cynicism for thinking that something decidedly 'manufactured' is indeed in the works.
明らかに何やら「でっち上げられ」たものが進行中であるに違いないと、つい皮肉な考えを抱いてしまうが、お許しいただきたい。
As this article from the Economic Collapse blog put it: "Yes, a cashless society is coming. Are you ready for it?"
この『経済崩壊ブログ』
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/a-cashless-society-may-be-closer-than-most-people-would-ever-dare-to-imagine
にある記事の言い方を借りれば、「そう、キャッシュレス社会がやってくるんだ。準備はいいかい?」ということになろう。


Summing Up
総括

Trying to make sense of chaos is human nature.
混沌の中にも意味を見出そうとするのが人間の性分である。
Look at a blurry picture and your mind will try to 'piece it together' into something intelligible.
ぼやけた全体像を見ながらも、何か理解できるものに「細切れの情報をつなぎ合わせ」ようとするのが、心の働きというものだ。
And it's rewarding when it comes together. 'Aha!'
そして、それらがまとまって「あっ!」と気付いたとき、それは報われる。
However, say that picture is evidence of a crime.
だが、その全体像が、例えば犯罪の証拠だったらどうだろう。
The criminal has a vested interest in keeping it obscure, whether that means burning the evidence or influencing your perception of the blur in question.
犯人は、当の問題をあいまいにしておくことに既得権益を持っているのだ。つまり、証拠を焼き捨ててしまったり、あるいは、問題がぼやけて見えるようあなたの知覚に影響を与えているのである。
When truth is an obstacle to one's ambition,
真実が欲望や野心の妨げになるときには、
lies are the only option,
嘘をつくことが唯一の選択肢となり、
and that puts one at odds with anything truly human or spiritual in nature.
この結果、人は、真に人間的なあるいは霊的な性質の何かと仲違いしてしまう。
It puts one in a position that goes against reality, forcing it into something it is not.
人は、真実に反する態度を取り、真実ではない何かを無理に押し通すものである。
Silencing those who question your manufactured reality
現実をでっち上げては、これに疑問を呈する人々を黙らせれば、
- and thus risk waking others up to the truth and your own downfall - naturally follows.
当然ながら、他者は真実に目覚め、自分は破滅に至るという危険が生じることになる。

This places those on the receiving end of the propaganda at a crossroads.
こうして人々は岐路に立たされると、プロパガンダを受け入れる側を選ぶのだ。
It forces the questions: What do you truly value?
答えを迫られている問いは:あなたにとって本当に大事なのは何だろうか?ということである。
Will you settle for being conned, if it means a relatively comfortable life?
比較的快適な生活が保障されれば、あなたは騙されたままでよしとするだろうか?
Or will you walk the 'thorny road of truth'?
それとも、あなたは「真理の茨の道」を歩いて行くだろうか?
That is spirituality.
それが霊性というものである。
posted by たカシー at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒死病再考:ウイルスおよび宇宙とのつながり

http://www.sott.net/articles/show/228189-New-Light-on-the-Black-Death-The-Viral-and-Cosmic-Connection

New Light on the Black Death: The Viral and Cosmic Connection
黒死病再考:ウイルスおよび宇宙とのつながり

Sat, 07 May 2011 07:41 CDT
Gabriela Segura, M.D.
医学博士 ガブリエラ・セグーラ
The Dot Connector Magazine

This article was first published in issue 13, volume 1 / 2011 of The Dot Connector Magazine, official publication of Sott.net.
この記事は、SOTTの公式刊行物である『ドットコネクターマガジン』2011年第1巻、通巻13号が初出である。
(※なお、セッション110213 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=60177001&comm_id=2590126 でも、本人?によって言及されています。)


"Comets are vile stars.
「彗星は汚らしい星である。
Every time they appear in the south, they wipe out the old and establish the new.
南の空にこれが現れる度、それらは古い汚れを拭き取り、新たな汚染を置いていく。
Fish grow sick, crops fail, Emperors and common people die, and men go to war.
魚が病気になり、作物は不作となって、皇帝も、一般の人々も死に、人々は戦争を始める。
The people hate life and don't even want to speak of it."
皆、人生がイヤになっていて、そう口にするのもイヤなのである」

-Li Ch'un Feng, Director, Chinese Imperial Astronomical Bureau, 648, A.D.
李淳風、中国唐時代の帝国天文局長


In 2007, a meteorite fell in Puno, Southeastern Perú. José Macharé - scientist of the Geologic, Mining and Metallurgic Institute in Perú -
2007年、1個の隕石がペルー南東部のプノに落下した。ペルー地質学・鉱業・冶金術学会のJosé Macharéによると、
said that the space rock fell near a muddy area by Lake Titicaca,
隕石はチチカカ湖の泥でいっぱいの辺りに落ち、
making the water boil for around ten minutes,
約10分間水を沸騰させ、
and mixing with the soil and emanating a gray cloud,
土壌と混ざり合い、灰色の雲をたちこめさせたが、
the components of which remain unknown.
その成分は未だに不明である。
Having discarded radioactive poisons,
放射能を含む毒を雲が撒き散らしたため、
this toxic cloud is said to have caused headaches and respiratory problems in at least 200 persons from a population of 1500 inhabitants.
1,500人の住民のうち、少なくとも200人が呼吸障害となったという。
Other than this event, how often do we hear about people getting sick due to a rock coming from space?
この事件以外にも、どのくらいの頻度で私たちは宇宙から降ってくる隕石のせいで人々が病気になるという話を耳にするだろうか?
How about birds, fish or other animals?
鳥や魚、その他の動物の場合はどうだろうか?
Ancient astrologers cite comets as ill omens of death and famine,
古代の占星術師達は彗星を、死や飢饉の凶兆として引き合いに出したが、
but are there any other causes other than the ones due to physical/mechanical consequences of comet impact devastation in our fragile environment of which we should be aware?
彗星のインパクトが物理的/力学的破壊をもたらす因果関係以外にも、私たちの壊れやすい環境においては、彗星が原因となって惹き起されることが他にもあるのではないだろうか?

As a physician, I usually concentrate strictly on medical and health-related issues, not history or catastrophism.
医師として私は普通なら、厳格に医学および健康関連の問題に専念し、歴史や天変地異説を扱うことはない。
However, like so many other people,
しかし、他の多くの人々と同じく、
I see signs of atmospheric changes on our planet which,
私にもこの星に起きている大気の変化のサインは見える。
according to many experts, may well be due to increasing comet dust loading.
多くの専門家によると、これは彗星の塵でいっぱいになっているのが原因らしい。
When I read about increasing reports of fireballs all around the world,
世界中で増えている火球のレポートを読むと、
and I know that these factors must have an effect on the health of individuals and societies,
このような要因が個々人や社会の健康に影響を及ぼしているのが分かり、
it motivates me to do the research to find the connections so that I am better prepared for what may lie in our future.
私としても、未来にはどんな問題があるのか、入念に準備できるよう、つながりを見い出せるような研究を行いたい気になるのである。
If our planet is entering a new cometary bombardment cycle,
もし私たちの星が、新たな彗星被弾サイクルに入りつつあり、
and if these comets harbor new species of microbes unknown to mankind's collective immunological systems (as may well be the case),
もし、これらの彗星が、人類の集団的な免疫系にとって未知の種の微生物だとしたら(その可能性は十分ある)、
then being forewarned is being forearmed.
備えあれば憂い無しというものである。

According to the late Sir Fred Hoyle and Chandra Wickramasinghe of the University of Wales at Cardiff,
英国カーディフにあるウェールズ大学の、故フレッドホイル卿とチャンドラー・ウィックラマシンジによれば、
viruses can be distributed throughout space by dust in the debris stream of comets.
ウイルスは彗星から噴出されるデブリ内の塵によって、宇宙内に分散されうるという。
Then as Earth passes though the stream,
そうして地球はこの噴き出している尾の流れを通過し、
the dust and viruses load our atmosphere,
塵とウイルスは私たちの大気に取り込まれるのだが、
where they can stay suspended for years until gravity pulls them down.
それらは重力によって引きおろされるまで、何年もそこで漂っているのである。
They compare numerous plagues throughout our history which coincide with cometary bodies in our skies.
彼らは、歴史上彗星が現れた時期と、数多くの疫病がはびこった時期が一致すると言う。
These researchers are certain that germs causing plagues and epidemics come from space.
研究者達は、細菌が疫病を惹き起し、伝染病が宇宙からやって来るものと確信している。

In a letter to Lancet [1],Wickramasinghe explains
医学雑誌ランセットへの手紙でウィックラマシンジはこう説明する。
that a small amount of a virus introduced into the stratosphere
成層圏に少量のウイルスが持ち込まれると、
could make a first tentative fallout east of the great mountain range of the Himalayas, where the stratosphere is thinnest,
最も成層圏が薄い、大ヒマラヤ山岳の東に一旦降下するらしく、
followed by sporadic deposits in neighboring areas.
続いてこれは隣接する地域へと散らばって降下していくのだと。
Could this explain why new strains of the influenza virus that are capable of engendering epidemics, and which are caused by radical genetic mutations, usually originate in Asia?
急激な遺伝的変異を遂げながら流行を惹き起すインフルエンザの新種が、いつもアジアで発生するのは、これが理由なのだろうか?
Wickramasinghe argues
ウィックラマシンジは論じる。
that if the virus is only minimally infective, the subsequent course of its global progress will depend on stratospheric transport and mixing,
もし、ウイルスの伝染性が極く僅かでも、その後世界中に広がって行くかは、成層圏輸送と混合次第であり、
leading to a fallout continuing seasonally over a few years;
降下は季節により変動しながら数年続く;
even if all reasonable attempts are made to contain an infective spread, the appearance of new foci almost anywhere is a possibility.
たとえ、伝染スピードを抑えるような、あらゆる妥当な手段が試みられようとも、新たな病巣が出現する可能性は殆どどこにもある。


1. Chandra Wickramasinghe, Milton Wainwright & Jayant Narlika. SARS - a clue to its origins? The Lancet, vol. 361, May 23, 2003, pp 1832.


Mainstream science scoffs at the idea that if there is life such as bacteria and viruses in space, some of it would naturally fall to Earth.
主流派科学は。宇宙にバクテリアやウイルスのようなものが居て、その中には当然地球に降ってくるものがある、という考えを馬鹿にしている。
While some researchers agree that comet dust may harbor organic matter,
何人かの研究者達は、彗星塵が有機物質の隠れ場所となり得ることには同意するものの、
they argue that even if the dust did reach Earth's atmosphere,
たとえ、そのような塵が地球の大気に突入は出来ても、
a fiery entry would make all organic matter's survival questionable.
その際燃え上がる炎のために、有機物質が生き残れるかは疑問だと論じる。
But in a study published in the journal Meteoritics and Planetary Science [2],
だが、『隕石および惑星科学ジャーナル』誌に発表された研究の中で詳述されているのだが、
it is detailed that amino acids - the building blocks of life - were found in a meteorite where none were expected. Why?
アミノ酸 ー生命の構成単位ー が隕石から見つかったのである。そんなことは誰も予想していなかったのだが。なぜなのだろうか?
Because this particular meteorite formed when two asteroids collided,
というのも、他ならぬ、この隕石は、2つの小惑星の衝突で出来たもので、
the shock of collision heating it to more than 2,000 degrees Fahrenheit
衝突時のショックで発生した熱は華氏2千度以上もあり
(摂氏温度=5/9×(華氏温度-32))
- hot enough that all complex organic molecules like amino acids should have been destroyed.
アミノ酸のような複雑な有機分子は死滅してしまう熱さだったからなのだ。
They found them anyway, and their study cites the possibility of sample contamination being highly unlikely.
いずれにせよ、それは見つかったのであり、この研究では有機分子で汚染されていた可能性が極めて高いサンプルに言及されている。
In addition to amino acids, they found minerals that only form under high temperatures, indicating that they were indeed forged in a violent collision.
アミノ酸に加え、高温下でのみ生じるような無機物も見つかり、確かにこれらが強烈な衝突によってできたことを示している。
Jennifer Blank of SETI has done experiments with amino acids in water and ice, showing they can survive pressures and temperatures comparable to a low-angle comet-Earth impact or asteroid-asteroid collision.
SETI
(【略-1】=Search for Extraterrestrial Intelligence Institute●地球外知的生命体探査協会◆【URL】http://www.seti-inst.edu/
のジェニファー・ブランクは、水中および氷中でアミノ酸を用いて実験を行った結果、地球に低角度で彗星が突入して来る場合や、小惑星同士が衝突する場合の熱に匹敵する高圧高温の中でも、それらは生き残ることを示した。


2. Daniel P. Glavin, Andrew D. Aubrey, Michael P. Callahan, Jason P. Dworkin, Jamie E. Elsila, Eric T. Parker, Jeffrey L. Bada, Peter Jenniskens & Muawia H. Shaddad. Extraterrestrial amino acids in the Almahata Sitta meteorite. Meteoritics & Planetary Science, vol. 45 (10-11), October/November 2010, pp 1695-1709.


Rhawn Joseph, Ph.D., co-authoring researcher with Wickramasinghe in the book Biology Cosmology, Astrobiology, and the Origins and Evolution of Life [3], tells us:
チャンドラー・ウィクラマシンゲとの共著『生物学、宇宙論、宇宙生物学、および、生命進化の起源』の中で、ラーン・ジョセフは述べている:
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=62013985&comm_id=2590126


---
Ancient Chinese astronomers chronicled numerous episodes where comets preceded plague and disaster.
古代中国の天文家達は、疫病や災厄が起こる前に彗星が飛来していた、数々の出来事につき記録している。
Meticulous observations were compiled in 300 B.C. in a textbook known as the "Mawangdui Silk."
細部まで行き届いた観察結果がB.C.300年に『馬王堆漢墓帛書』という名の教科書にまとめられた。
http://www.weblio.jp/content/Mawangdui
It details 29 different cometary forms and the various disasters associated with them, dating as far back as 1500 B.C
それは、遥かB.C.1500年に遡って29種類の形の彗星を区別した上で、それらに関連して起こった様々な災厄につき詳述しているのだ。
---
3. Rhawn Joseph Ph.D, Rudolf Schild Ph.D. & Chandra Wickramasinghe Ph.D. Biological Cosmology, Astrobiology, and the Origins and Evolution of Life. Cosmology Science Publishers, 2010.


The Mawangdui silk, depicted 29 different cometary forms and the various diseases and disasters associated with them. Compiled, beginning around 1500 BC.
29種類の異なる形の彗星、および、それぞれに関連する様々な病気と災厄とを描いた『馬王堆漢墓帛書』。およそB.C.1500年頃に編集された。(写真右)


Joseph points out that medieval Europe and colonial America are areas
ジョセフによれば、中世ヨーロッパと植民地時代のアメリカでは、
where comets were observed to coincide with plagues and disease,
疫病や災厄の発生と同時期に彗星が観察されており、
adding that Comet Encke, the likely origin of the Tunguska impactor and the 1918 Flu epidemic, also coincide.
加えて、ツングースカ大爆発を惹き起こしたものと思われる彗星エンケと1918年のインフルエンザの流行も時期的に一致しているという。
He writes:
彼は書いている:


---
... in 2005, scientists from the Armed Forces Institute of Pathology in Washington, D.C.,
。。。2005年に、ワシントンD.C.の軍病理学研究所の科学者達は、
resurrected the 1918 virus from bodies that had been preserved in the permanently frozen soil of Alaska.
アラスカの永久凍土の中に保存されてきた、1918年に爆発した天体の中に居たウイルスを蘇らせた。
They soon discovered
彼らはすぐに、
that a completely new virus had combined with an old virus, exchanging and recombining genes,
creating a hybrid that transformed mild strains of the flu virus into forms far more deadly and pathogenic.
全く新しいウイルスが古いウイルスと結合していたこと、そして、それらは互いに遺伝子を交換して結合し直し、軽いウイルスの菌株から、遥かに致死性および発病性の高い型のウイルスに変化したハイブリッドが生まれていたことを発見した。
They also confirmed that the 1918 Spanish flu virus originated in the sky, first infecting birds and then spreading and proliferating in humans.
彼らはまた、1918年のスペイン風邪
(◆第一次世界大戦中の1918年に発生した最悪のインフルエンザ。2000万人から4000万人が死亡したとされる)
も空からもたらされたもので、最初に鳥に感染し、それから、人間に広まって増殖したことも確認した。
---


Joseph argues
ジョセフは論じる。
that cometary debris,
彗星のデブリが地球に衝突する際、
and the smaller particles and any microbes and viral particles attached to cometary debris impacting earth,
それに付着するもっと小さな粒子、および、彗星のデブリに付着した細菌やウィルス粒子が、
fall upon the upper atmosphere
高層[上層]大気に降って来て、
and then slowly drift upon the air currents,
それから、ゆっくりと気流に押し流されて、
sometimes staying aloft for years,
時には、何年もかかりながら、
crisscrossing the planet and gently falling downward,
地球上空を縦横に移動しながら、静かに下降し、
until finally making a soft landing on whatever is beneath them
最後に、下が何であろうと、軟着陸するという。
- be it ocean, river, animal, plant, or woman and man.
ー海や川、動物、植物、女性、男性であろうと。
In fact, it is known that microorganisms exist in significant concentrations in Earth's atmosphere,
実際、微生物は、地球の大気中でも著しく濃度の高い部分に存在しており、
and they have been found in air samples collected at heights ranging from 41 km to 77 km.
これらは上空41kmから77kmの範囲から採取された大気試料からも見つかっている。
The natural mechanisms which transport microorganisms into the atmosphere are
微生物を大気へと運ぶ、自然のメカニズムとしては、
storms, volcanoes, monsoons, and cometary impact events.
嵐や火山の噴火、季節風、そして、彗星の衝突事件がある。

We know that the Tunguska object exploded in the atmosphere in June 1908,
知っての通り、1908年6月にツングースカ物体が大気中で爆発したが、
but it was not until 1927 when scientists finally made it to the impact area in Siberia.
ようやく科学者達が、シベリアの衝撃を受けた地域に辿り着いたのは、1927年になってからだった。
No visible fragments of the exploded body were found,
爆発した天体の、目に見える断片は見つからなかったが、
but later fieldwork uncovered peculiar black, shiny, metallic spheres
後の野外調査によって、奇妙な黒さの、輝く、金属製の球体が、
in the soil of numerous small, shallow, oval craters - 50 to 200 meters in diameter - similar to the craters of the Carolina Bays.
カロリーナ・ベイのクレーター
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40931125&comm_id=2590126
に似た、夥しい数の、小さな、浅い、卵形のクレーター −直径50から200m− の中の土壌から発掘された。
These spheres were typical of extraterrestrial bodies having a composition very high in iridium, nickel, cobalt and other metals,
これらの球体は、地球外天体に特有の、イリジウム、ニッケル、コバルト、その他の金属を多く含んでおり、
and an unusually high content of these same metals were later found in Antarctic ice cores
これらと同じ金属を異常に多く含んだものが、後に南極の氷床コアから見つかったが、
- but in the layer relating to the year 1912. [4]
それは1912年の層からであった。
That is to say, it took four years for these metals deposited in the stratosphere to precipitate onto Earth.
つまり、これらの金属が成層圏を沈降して地上に降下するのに、4年掛かったのである。
Was the Tunguska object a source of new strains of virus never seen before on Earth?
ツングースカ物体は、かつて地球上には存在しなかった新種ウィルスの原因だったのだろうか?


4. Ganapathy, R. The Tunguska explosion of 1908 - Discovery of meteoritic debris near the explosion site and at the South Pole. Science, vol. 220, June 10, 1983, pp 1158-1161.


A study conducted near the Tunguska Phenomenon site
ツングースカ現象の現場近くを調査した結果、
found significant concentrations of culturable microorganisms in the skies of southwestern Siberia,
シベリア南東部の空から著しい濃度の培養可能な微生物が見つかっている。
at an altitude range of 0.5-7 km, a range similar to the height of 5-10 km where the Tunguska Space Body interacted with Earth's atmosphere. [5]
それは高さが0.5から7kmの範囲であり、ツングースカ宇宙天体が地球の大気に作用した、5から10kmの範囲と重なっている。


5. Rina S. Andreeva, Alexander I. Borodulin, et al. Biogenic Component of Atmospheric Aerosol in the South of West Siberia. Chemistry for Sustainable Development, 10, 2002, pp 532-537.


Joseph reminds us that microbes which flourish in the cold are this planet's most successful colonizers.
寒冷地で繁殖している微生物は、最も成功した地球への植民者であるとジョセフは指摘する。
In fact, they are perfectly adapted to a life on some frozen astral object traveling through space.
実際これらは、宇宙を巡る、凍った星の一部の上での生活に完全に適応しているのだ。
"The long-term impact of subzero temperatures should be regarded not as extreme and limiting but rather as a stabilizing factor supporting the viability of microorganisms"
「氷点下の温度の長期的なインパクトは危険でも制限的でもなく、むしろ、微生物にとって生存能力を培う、安定化要因と見なければならない」
(D. A. Gilichinsky, "Permafrost Model of Extraterrestrial Habitat" in G. Horneck & C. Baumstark-Khan, Astrobiology, Springer, 2002).
Supporting this, it is known that Richard Hoover of NASA discovered
NASAのリチャード・フーバーが、
microorganisms in deep ancient ice cores over 4,000 years old, drilled from Lake Vostok, near the south pole.
南極点付近のボストーク湖を深く掘り、4千年以上前の古代氷床コアから微生物を発見したことが知られているが、これもこのことを裏付ける。
These creatures were found in association with ancient cosmic dust particles which had fallen from space.
これらの生物は、宇宙から降って来た古代の宇宙塵粒子と関係があることが分かったのだ。
Moreover, microbes recovered from Lake Vostok increase in number with increasing numbers of dust particles
さらには、ボストーク湖から回収される微生物は、塵の粒子が増えるに従って増加している。
(S. Abyzov et al., Microbiologiya, 1998, 67: 547).[3]

Joseph and Wickramasinghe have also reviewed and provided evidence
ジョセフ&ウィックラマシンジはまた証拠を挙げつつ、
that microbes can travel from planet to planet and solar system to solar system encased in asteroids, comets and other stellar debris,
微生物は小惑星、彗星、その他の星のデブリに閉じ込められたまま、惑星から惑星へ、太陽系から太陽系へと旅して、
and that they can survive the impact and heat of ejection and reentry into the atmosphere.
大気圏からの脱出と再突入時の衝撃や熱にも生き残ることができると述べている。
This is the so-called Panspermia theory. [6]
これがいわゆるパンスペルミア理論である。
(胚種広布説◆宇宙からの微生物などが物体にくっついて地球にやってきて生命の根源となったという理論。)


6. Chandra Wickramasinghe. Life from space: astrobiology and panspermia. February 2009. The Biochemical Society. http://www.panspermia.org/biochemistfeb09.pdf


They argue that microbes and viruses can exchange and acquire DNA,
彼らは、微生物とウィルスがDNAを交換して、手に入れることが可能であると論じる。
and this argument is supported by a recent study published in Nature Communications [7]
この議論は、最近『ネイチャー・コミュニケーション』誌に発表された研究によって支持されたが、
which sheds light on how bacteria incorporate foreign DNA from invading viruses into their own regulatory processes.
これは、バクテリアがどうやって、自分達の規制プロセス内に侵入してきたウィルスから、外来 DNA
(◆遺伝子クローニングの際にベクターに組み込む複製対象の DNA。パッセンジャーDNA)
を取り込むかという問題の解明に光明を投じるものである。
Thomas Wood, professor in the Artie McFerrin Department of Chemical Engineering at Texas A&M University,
テキサス・アグリカルチャ&メカニクス大学アーティー・マクフェリン化学工業学部教授のトーマス・ウッドは、
explains how viruses replicate themselves by invading bacterial cells and integrating themselves into the chromosomes of the bacteria.
ウィルスが、バクテリアの細胞に侵入し、自らバクテリアの染色体と一体化して、自己複製を行う方法を説明している。
When this happens, a bacterium makes a copy of its chromosome, which includes the virus particle.
これが起こると、バクテリアが自分の染色体を複製する際に、中に含まれているウィルス粒子も一緒に複製することになる。
The virus can then choose at a later time to replicate itself, killing the bacterium.
その後暫くするとウィルスは、自己複製を選び、バクテリアを殺してしまう。
Having already integrated itself into the bacterium's chromosome, the virus is subject to mutation as well.
既に自らをバクテリアの染色体と一体化させたウィルスもまた、突然変異を起こしやすくなるのだ。


7. Xiaoxue Wang, Younghoon Kim, Qun Ma, Seok Hoon Hong, Karina Pokusaeva, Joseph M. Sturino & Thomas K. Wood. Cryptic prophages help bacteria cope with adverse environments. Nature Communications, vol. 1 (9), 2010, pp 147.


The Black Death Revisited
黒死病再訪


The Black Death moved relentlessly northwards through Europe like a giant wave.
黒死病
(《the 〜》黒死病{こくしびょう}◆1340年代後半にアジアに端を発して1347〜1353年にヨーロッパに広まった歴史上最大のペストの流行。ヨーロッパだけで2000万人、全世界で7500万人が亡くなったとされる。ヨーロッパでは人口の3分の1から3分の2が失われ、ローマカトリック教会の権威の失墜、ユダヤ人などの排斥運動、刹那主義など多くの影響を与えた。)
はヨーロッパ内を容赦ない大波のように北上した。
Its progress was very rapid in the early stages, from December 1347 to June 1348,
1347年12月から1348年6月にかけての、初期の段階では、その進むスピードはとても速かった
when it spread through Italy and France, Spain and the Balkans.
この間に、それはイタリア、フランス、スペイン、バルカン半島諸国じゅうに広まった。
Crossing the Alps and Pyrenees, it eventually reached Sweden, Norway, and the Baltic by December 1350.
1350年12月には、ついにアルプス山脈とピレネー山脈を越え、それはスウェーデン、ノルウェー、バルト諸国に達した。
Many villages were completely depopulated and disappeared, but the progression of the disease included zones of total avoidance as well.
多くの村々はすっかり人口が減り、ないし完全に消滅したが、病気の流行地域が広がっても全くこれを避け得た地帯もまた存在した。
The Black Death stayed in Europe for the next three centuries, disappearing finally in the seventeenth century in 1670 when it was apparently at the peak of its power.
黒死病はその後も3世紀に亘りヨーロッパで猛威をふるったが、その勢いが絶頂にあったと思われる17世紀の1670年、ついに消滅した。


Inspired by Black Death, The Dance of Death is an allegory on the universality of death and a common painting motif in late medieval period.
黒死病に触発された『死の舞踏』は、死の普遍性についての寓意画であり、中世末期の絵画では一般的なテーマだった。
(写真)


Why did it appear, spread, and disappear as it did?
これはどうしてこのような現れ方、消え方をしたのだろうか?
A new and unique virus formed under conditions facilitated by cosmic impacts
宇宙における衝突が生み出した状況の下で形成された、このウィルスが新種で特異なものだったため、
could be lethal to a population that is not previously immunized (here, natural immunity is intended) against it.
これに対する免疫(ここでは自然免疫の意味)をまだ持っていなかった人々にとって、致死的なものだったのかも知れない。
But as immunization is acquired within a population, the course of the disease or the disease itself can change.
しかし、ある人々は免疫を持っていたので、この疫病のコースないし疫病自体が変化したのかも知れない。

There is compelling evidence that the Black Death was not an outbreak of bubonic plague, but was in fact caused by a hemorrhagic virus.
黒死病は腺ペストが爆発的に流行ったものではなく、ある出血性ウイルスにより起こったという有力な証拠がある。
This case is synthesized in the book Return of the Black Death [8],
この真相を総合的に取り扱った『黒死病の再来』
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqanimal/zoonosis/zoonosis159.html
の中で、
in which Susan Scott and Christopher Duncan from Liverpool University carefully put all the available clues together,
英国リバプール大学動物学名誉教授のクリストファー・ダンカンと社会歴史学の専門家スーザン・スコットは、利用できる限りの手掛かりを注意深く検討し、
tracking the plague from its first appearance out of nowhere and chronicling its unprecedented catastrophic effects on European civilization
この疫病の、降って沸いた様な最初の出現から、ヨーロッパの文明に対して未曾有の壊滅的影響を与える様子を追跡し、年代順にまとめた。
- death on a scale that is unimaginable, but could very well happen again, at any time.
ーそれは、想像を絶する規模の死傷者をもたらしたものの、いつだって再発しうるという。


8. Susan Scott & Christopher Duncan. Return of the Black Death: The World's Greatest Serial Killer. Wiley, 2004.


Studying the parish records and the historical data registered in English provinces, using information about the critical events in the lives of real people and computer modeling,
実際に人々の生活に起こった危機的事象やコンピュータ・モデルからの情報を用いつつ、イングランド諸州に残された史料や教区の記録を研究することによって、
Duncan and Scott were able to not only surmise the amount of time from the appearance of symptoms to death,
ダンカン&スコットは、単にこの疫病の症状が現れてから死に至るまでの総時間を推計できただけでなく、
but also to establish the following facts about the pandemic:
以下の事実をも立証した:


- An outbreak is recorded as being started by a traveler or stranger or by an inhabitant who had returned from a place where the plague was known to be raging.
- 旅人や流れ者、疫病が猛威を振るったことが知られている土地から帰ってきた住民から、疫病の発生が始まったと記録されている。
- The plague behaved in exactly the same way in each outbreak.
- いずれの発生においても、この疫病の進展して行く様子は全く同じだった。
- There were, however, two different types of epidemics in England, governed by size and density of the population.
- しかしながら、イングランドには、規模および罹患人口によって規定される、2つの異なるタイプの疫病が存在した。
- The full-blown typical epidemic lasted for eight or nine months - from spring to December.
- 本格的な、典型タイプの疫病は、8から9ヶ月間続いた − 春から12月までである。
- The mortality rate was often about 40% of the population, although they had no measure of how many people had fled at the first signs of trouble.
- 死亡率はしばしば人口の40%に達したが、災厄発生の兆候を察して避難した人々がどのくらい居たかについては推測する手立てが無い。


Not only that, they were also able to establish these vital statistics of the plague:
これだけではなく、2人はまた、この疫病に関する、以下の重要な統計データをも立証した:


- Latent period: 10 to 12 days.
- 感染してから臨床的に定義される発症までの潜伏期間:10から12日間。
- Infectious period before appearance of symptoms: 20 to 22 days
- 感染してから症状が現れるまでの期間:20から22日間。
- Incubation period: 32 days
- 感染後、他人に伝染るおそれのある期間:32日間。
http://en.wikipedia.org/wiki/Incubation_period
- Average period displaying symptoms before death: 5 days
- 症状が現れてから死ぬまでの平均期間:5日間。
- Total infectious period: about 27 days,
- 総感染期間:約27日間。
assuming that the victim remained infectious until death, although it is possible that infectiousness decreased once the symptoms appeared.
発症後に感染力が減じることもあり得るのだが、ここでは被害者が死ぬまで疫病が感染力を保っていたと仮定している。
- Average time from the point of infection to death: 37 days.
- 感染時点から死ぬまでの平均期間:37日間。


The authors were astonished when they were able to work out the duration of these statistics in more than 50 different plague outbreaks in England and to verify the length of the latent and infectious periods many times.
イングランドで発生した、別々の50以上の疫病の例から、期間に関するこのような統計値が算出され、しかも、潜伏期間と感染期間の長さを確認できたことに著者達は驚いている。
The correspondence with the universal 40-day "quarantine" period established as successful prophylaxis during the time of the plague supported their conclusions.
疫病が流行っている間予防に成功するには40日間の「隔離」期間が必要であるということで、事例間に一致が見られたが、この事実は彼らの結論を裏付ける。
From the data available in other countries, they argue convincingly that these statistics applied to the Black Death in all of Europe.
他国で得られたデータから、二人はこれらの統計値が全ヨーロッパの黒死病に当てはまることを説得力を持って論じている。
It was evident that the key to the success of the plague in the Middle Ages lay in its exceptionally long incubation period.
中世の疫病対策に成功する鍵が、この病気の、感染後他人に伝染るおそれのある期間の異常な長さへの対処にあることは明らかである。

Every infectious disease has an incubation period which spans from the time when a person is infected to when the first symptoms appear,
どんな伝染病にも、ある人が感染してから初発症状が現れるまでの潜伏期間と、
and an infectious period which is the time during which the person can transmit the infection to other people.
その人が他の人々に感染させるおそれのある感染期間がある。
The infection is followed by a latent period during which germs multiply until the victim becomes infectious.
感染の次は潜伏期間であり、この間に細菌は被害者が感染力を及ぼすようになるまで増殖する。
If this latent period is shorter than the incubation period, an infected person will be infectious before the symptoms appear and he or she may unknowingly transmit the disease to others.
もしこの潜伏期間が、感染してから他人に伝染るおそれのある期間より短ければ、被害者は症状が現れる前に感染力を帯び、彼あるいは彼女は気付かぬまま他人に病気を伝染すことだろう。
Eventually, the disease runs its course in the body and for the infection to persist, it must have infected at least one other person.
結局この病気は、被害者の体内で自然に感染力を保ち続け、最低でも別の1人に伝染したのに違いない。

Among the plague symptoms there were accounts of the following:
この疫病の症状に関しては以下のような報告が存在していた:


- A victim usually displayed the symptoms for about five days before dying.
- 被害者は普通、死の約5日前に発症した。
But according to contemporary accounts, this period could have been between two to twelve days.
しかし、当時の記録によれば、この期間は2日から20日の間であり得た。
- The main diagnostic feature was the appearance of hemorrhagic spots, often red, but ranging in color from blue to purple and from orange to black.
- 診断上主に見られた特徴は、血点が現れることであり、これはしばしば赤かったが、青から紫、オレンジから黒といった色の幅があった。
They often appeared on the chest, but were also seen on the throat, arms and legs and were caused by bleeding under the skin from damaged capillaries.
これらはしばしば胸に現れたが、喉や腕、脚にも見られた。原因は損傷した毛細血管からの皮下出血であった。
These were so-called "God's tokens".
これがいわゆる「神のしるし」であった。
(創世記 / 9章 12節
更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。 )
- Various swellings were also characteristic of the disease: carbuncles, blains (burning ulcers) and the the buboes, which were swollen lymph glands in the neck, armpits and groin.
- 様々な腫れものもまた、この病気の特徴だった:癰(よう)、膿疱(焼けるような潰瘍)、そして横痃(おうげん)だったが、これらは首や脇の下、あるいは脚の付け根のリンパ腺が腫れたものであった。
If the buboes failed to rise and burst, there was little chance of survival, but if they broke the fever apparently declined.
もし、横痃が隆起も破裂もしなければ、生き残る可能性が僅かながらあったが、どうやらこれが壊れれば熱が下がったようである。
- Fever, continual vomiting, diarrhea, and prolonged bleeding from the nose were additional characteristics.
- 熱、絶え間のない嘔吐、下痢、長引く鼻血といった特徴もあった。
Also, blood-tinged urine, a burning thirst, and in some, madness and delirium.
また、血尿や激しい渇きもあったし、狂気や精神錯乱に陥る者も居た。
- Autopsies revealed generalized necrosis of the internal organs.
- 解剖の結果、内臓器官はいずれも壊死していたことが明らかになった。
It was surely a gruesome way to die.
これでは確かに陰惨な死に方である。
The victim was killed by the literal death and liquefaction of the organs.
被害者は文字通り、臓器が壊死して水が溜まることで死んだのである。


Since nobody had been exposed to the disease before,
これ以前に、このウィルスと接触した人は無かったために、
almost everyone who made effective contact with an infectious person caught the disease and died,
感染者と伝染るような接触を行った誰もがまた、この病気に罹って死んだのだったが、
but there were reports of a few people who apparently had a natural protection against this new disease.
僅かな人々はどうやらこの新病に対して、生来抵抗力を持っていたことが伝えられている。
Could their ancestors have been exposed to a similar plague in the past?
果たして彼らの祖先は、過去に同様の疫病に接触したことがあったのだろうか?
Or did they carry particular mutations that made them immune or their immune system strong enough to fight such a disease?
それとも彼らは特別な変異を遺伝で伝えていたために、免疫ができていたか、あるいは、このような病気と戦える程強力な免疫系を育むことができたのだろうか?

Illustration of the Black Death from the Toggenburg Bible (1411).
『トッゲンブルクの聖書』(1411年)に描かれた黒死病のイラスト(写真)


What about the bubonic plague?
腺ペストはどうなったのか?

Against all odds, the bubonic plague was universally and unequivocally believed to be the cause of the Black Death, despite the fact that it is well-established as biologically impossible.
殆どその見込みがないのに、腺ペストこそが明らかに黒死病の原因だと一般に考えられていた。そんなことは生物学的に不可能であるとの見解が確立されているにも拘わらずである。

Bubonic plague is a disease carried by rodents and its infection is transmitted to people from rats by fleas.
腺ペストはげっ歯類によって運ばれる病気であり、感染はノミによってネズミから人へと伝染(うつ)される。
The infectious agent is Yersinia pestis.
この病原菌はペスト菌である。
Some rats are highly vulnerable and die, whereas others are resistant and can survive an infection.
ネズミの種類によって、これに極めて弱く、死ぬものもあれば、感染しても抵抗力があり生き延びるものもある。
This is a key concept, since the disease will die out if all rats are highly vulnerable, whereas it will persist in areas where there is a balance between susceptible and resistant rats.
これがキーポイントである。というのも、もし全てのネズミが極めて弱かったなら、この病気は滅びてしまうだろうが、感染しやすいネズミと抵抗力のあるネズミとのバランスがとれている地域では生き残ることができるのだ。

Scott and Duncan explain how Yersinia pestis has never persisted in any European rodents because they are not resistant.
スコット&ダンカンは、どうしてペスト菌がヨーロッパのげっ歯類を宿主としては生き残れないかを説明する。理由は、これらがペスト菌に対して抵抗力を持たないタイプだったからである。
In addition to that, the only species of rats in Europe came either some 60 years after the last European plague or could not survive without a warm climate, making it impossible to spread infection rapidly and wildly in winter.
それに加えて、ヨーロッパで唯一のネズミ種は、最後にヨーロッパで疫病が流行ってから約60年後にやって来たのである。あるいは、温暖な気候でなければ生き残れない種だったため、冬季に感染を急速かつ広範囲に広めることはできなかったのだ。
They argue that:
彼らは論じる:


---
... it is known that the Black Death was carried across the sea to Iceland and that there were two severe and well-authenticated epidemics in the fifteenth century. [...]
。。。黒死病が海を越えてアイスランドに渡ったことが知られており、また、その地で15世紀に2度、深刻な疫病の流行があったことが十分に証明されている。。。
Yet it is known that no rats were present on the island during the three centuries of the Black Death.
だが、この島で黒死病が流行った3世紀の間、ネズミが居なかったことが知られているのだ。
Infections continued through the winter when the average temperature was below -3 degrees Celsius, where transmission by fleas is impossible.
感染は平均気温が摂氏-3度以下となる冬の間も続いていたが、この寒さではノミによる伝染は不可能である。
It is also agreed that there is no mention in any of the accounts of rat mortality during the Black Death.
また、黒死病が流行っていた間、ネズミが死んでいたというような報告も無いということで意見が一致している。
A temperature of between 18 degrees and 27 degrees Celsius and relative humidity of 70% are ideal for flea egg-laying, whereas temperatures below 18 degrees inhibit it.
気温が摂氏18度から27度、相対湿度が70%というのが、ノミの産卵にとって理想的な条件だが、18度以下ではその妨げになる。
Researchers had collected all the available climatological data for central England during the Black Death
and at no time was the average July-August temperature above 18.5 degrees Celsius.
研究者達は、黒死病が流行した期間におけるイングランド中部の入手可能なあらゆる気象データを集めたが、7-8月の平均気温が摂氏18.5度以上となることは決して無かった。
Britain, much less Iceland or Sweden, did not have a climate capable of sustaining regular seasonal outbreaks of flea-borne bubonic plague.
ブリテン島、ましてやアイスランドやスウェーデンでは、ノミが媒介する腺ペストが決まった季節に発生するような気候が続いてはいなかったのである。
Right from the beginning, the people of medieval Europe realized that it was an infectious disease spread directly from one person to another, not a disease associated with, or coming from, rats.
中世ヨーロッパの人々は最初から、これが人から人に直接広まる伝染病であって、ネズミに関係した、ないし、それがもたらす病気ではないことが分かっていた。
---


There are two forms of bubonic plague in humans: bubonic and pneumonic.
人間のペストには2つの型がある:腺ペストと肺ペストである。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k01_g3/k01_51/k01_51.html
Patients with bubonic plague are not contagious to other people.
腺ペストの患者は他人にこれを伝染すことはない。
Pneumonic plague is contagious, appearing in about 5% of cases of bubonic plague;
肺ペストは伝染性であり、ヒトペストのうち約5%がこれである;
that is, it cannot occur in the absence of the bubonic form and it cannot persist independently.
こちらは腺ペストが無いところでは発生し得ず、それと別個に生き残ることもできない。
It happens when the bacterium reaches the lungs, and the time from infection to death of bubonic/pneumonic plague is 5 days, not 37 days.
これは、細菌が肺に達したときに起こるもので、腺/肺ペストの感染から死までの期間は5日間であって、37日ではない。

Scott and Duncan note certain factors that narrow the causative agent of the Black Death down to a virus.
スコット&ダンカンは、黒死病の原因物質をウィルスに絞り込むような、ある要因に注目する。
The infectious agent also appeared to have been remarkably stable;
この病原菌はまた、並外れて安定しているようなのだ;
if there were mutations, these didn't change the course of the disease, at least not for 300 years.
たとえ変異があったとしても、その後少なくとも300年は病気の経過が変わることはなかった。
The plague was believed to have been passed by droplet infection;
この疫病は飛沫感染によって伝染ったと考えられている。
it was considered to be safe if one kept at least 4 meters (13 feet) away from an infected person out-of-doors.
戸外なら、感染者から最低4m離れていれば安全だと考えられていた。
Most interesting of all, there exists a strong genetic selection among European populations in favor of the CCR5-Δ32 mutation.
最も興味深いのは、ヨーロッパ人には、CCR5-Δ32変異体遺伝子に有利な強い遺伝子選択が存在している点である。
http://ameblo.jp/kunotakayoshi/entry-10739438731.html
This mutation results in the genetic deletion of a portion of the CCR5 gene which codes for a protein that is an entry port used by some viruses.
この変異の結果、CCR5遺伝子の一部が欠失することになるが、この遺伝子はいくつかのウィルスによって利用される感染経路となるタンパク質を作る遺伝暗号なのである。
This mutation makes a homozygous carrier resistant to HIV-1 virus infections, and may have made them resistant to the Black Death.
この変異の結果、HIV-1ウイルスの感染に耐性がある変異をホモに持つキャリアが生まれ、彼らはまた黒死病にも耐性があったのかも知れない。

No known virus existing today is responsible for the Black Death,
こんにち存在している、既知のどのウィルスも黒死病の原因とは考えられないが、
although the symptoms resemble those of Ebola, Marburg and the viral hemorrhagic fevers
その症状は、エボラ出血熱、
(イボラ◆エボラ・ビールス、エボラ熱、エボラ出血熱のこと。潜伏期間2日〜3週間、激しい内出血、口・目からの外出血をし、発病数日で死亡する。1976年にアフリカ熱帯雨林で発見され、コンゴ、スーダンで広まった。1989年に米に輸入された猿からも同様なビールスが発見された。)
マールブルグ病、
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/aq5.html
ウイルス性出血熱の症状に似ている。
- diseases caused by filoviruses.
いずれもフィロウィルス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E7%A7%91
による病気である。
They have a high mortality rate and tend to occur in explosive epidemics driven by person-to-person transmission.
これらは死亡率が高く、人から人への感染によって爆発的に広まる傾向がある。
Outbreaks occur unpredictably and, as of yet, no animal reservoir is known.
これらの発生は予測不能であり、まだ今のところ、動物の保有宿主は知られていない。

Similar plagues have been described in antiquity, i.e. the devastating epidemic that struck Athens in 430 BC
同様の疫病の存在は古代にも述べられている。すなわち、BC430年にアテネを襲って壊滅的な被害を出した疫病である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85#.E6.AD.B4.E5.8F.B2.E7.9A.84.E3.81.AB.E8.91.97.E5.90.8D.E3.81.AA.E4.BC.9D.E6.9F.93.E7.97.85
and which Joseph and Wickramasinghe suggest the causative agent of which to be cometary as well.[9]
そしてこれの原因物質についても、ジョセフ&ウィックラマシンジはやはり、彗星であろうとしているのだ。
As with the Black Death, the epidemic in Athens was localized geographically,
黒死病と同様、アテネで起こった疫病も局地的なものであり、
it declined and disappeared as abruptly as it had started,
その衰えと消滅もまた始まったときと同じく突然で、
and no known current disease fits its description by the historian Thucydides.
こんにち存在している既知の病気のいずれも、歴史家トゥキュディデスの記述に当てはまらないのである。


9. Rhawn Joseph, Ph.D. & Chandra Wickramasinghe, Ph.D. Comets and Contagion: Evolution and Diseases From Space. Journal of Cosmology, vol. 7, 2010, pp 1750-1770.


A scene showing monks, disfigured by the plague, being blessed by a priest. England, 1360–75.
疫病のために醜い姿になった修道僧たちが司祭によって祝福されているところ。イングランド。1360-75年。(写真)


Where did these diseases go?
これらの病気はどこへ行ったのだろうか?
Did the Black Death virus mutate, causing other fearsome diseases?
黒死病ウィルスは変異して、他の恐ろしい病気を惹き起したのだろうか?
What we do know is that a more virulent form of smallpox came to the fore in the 1630s and,
分かっているのは、1630年代に、より悪性の型の天然痘が出現し、
just as the Black Death disappeared from the stage of history,
丁度、黒死病が歴史の舞台から姿を消したのと同じ頃に、
smallpox took its place as the most feared of human diseases.
天然痘(疱瘡)が人間のかかる病気の中で最も恐ろしい病気の地位を占めたのである。
We can only speculate.
推測するしかないが、
Smallpox virus, as opposed to the causative agent of the Black death,
天然痘は、黒死病の原因物質とは対照的に、
is very resistant to cold temperatures, making it a more viable virus.
寒い気温にとても強く、このため、より生存能力が高くなっている。
According to the data collected by Scott and Duncan which describe the disease process of the Black Death,
黒死病の経過を述べたスコット&ダンカンの著作に集められたデータによれば、
hemorrhagic smallpox is almost virtually identical to the Black Death.
出血性痘瘡は黒死病に殆ど同じなのである。

But were there cometary impacts at the time of the Black Death?
だが、黒死病の時代に、彗星の衝突はあったのだろうか?

If you read the special feature of The Dot Connector Magazine issue 11,
ドットコネクターマガジン11号の特集『魔女、彗星、そして地球に起きた天変地異』
http://www.sott.net/articles/show/217194-Witches-Comets-and-Planetary-Cataclysms
(see also The Golden Age, Psychopathy and the Sixth Extinction
(『黄金時代、サイコパス、そして6度目の滅亡』
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30982179&comm_id=2590126
も参照のこと)
you probably know the answer to be positive.
を読めば、おそらくこの答えがイエスであることが分かるだろう。
Plague outbreaks often coincided against a background of food shortages, famines, flooding, peasant uprisings and religious wars.
疫病の発生はしばしば、食糧不足、飢饉、洪水、百姓一揆、宗教戦争といったことと同時に、これらを背景に起こるものである。
In certain countries, there were volcanic eruptions, earthquakes and famines.
ある国々では、火山の爆発や地震、飢饉も起きていた。
And not only did the plague outbreaks coincide with cometary impacts, but earthquakes themselves may well have been indications of cometary impacts.
疫病の発生が彗星の衝突と同時だっただけでなく、地震があったこと自体、彗星が衝突したことを暗示しているのであろう。
Dendrochronologist Mike Baillie of Queen's University, Belfast, Ireland makes this case in his book New Light on the Black Death: The Cosmic Connection. [10]
アイルランドはベルファストにあるクイーンズ大学の年輪年代学者マイク・ベイリーは著書『黒死病再考:宇宙とのつながり』の中でこのことを論証している。


10. Mike Baillie. New Light on the Black Death: The Cosmic Connection. Tempus, 2006.


Baillie compared tree rings to dated ice-core samples that had been analyzed, discovering ammonium.
ベイリーは木の年輪と、分析されてきた古い氷床コアのサンプルとを比較し、その中からアンモニウム
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235159947
を発見した。
Now, there is a connection between the ammonium in the ice cores and extra-terrestrial bombardment of the surface of the Earth on at least four occasions in the last 1500 years:
539, 626, 1014, and 1908 - the Tunguska event.
さて、氷床コア中のアンモニウムと宇宙からの地表への衝撃との間には繋がりがあるのだ。このような衝撃は過去1500年間に、少なくとも4回起こっている:539年、626年、1014年、そして、ツングースカ事件のあった1908年である。
Baillie shows that the exact same signature is present at the time of the Black Death in both the tree rings and in the ice cores,
ベイリーが示すところによれば、黒死病の流行った時代には、木の年輪と氷床コアのいずれにも全く同じ痕跡があったばかりか、
but also at other times of so-called "plagues and pandemics".
いわゆる「疫病の大流行」があった他の時代においてもそうだったのである。
Baillie points out that earthquakes could be caused by cometary explosions in the atmosphere or even by impacts on the surface of the earth.
ベイリーは、このような痕跡を残した地震は、彗星の大気中での爆発によって惹き起されたのかも知れず、あるいは、地表への衝突さえあったのでないか、と指摘している。
In fact, the ammonium signal in the ice-cores is directly connected to an earthquake that occurred on January 25th, 1348.
実際、氷床コアに残されたアンモニウムの痕跡は、1348年1月25日に起こった、ある地震と直接的な関係がある。
He correlates this with accounts of the 14th century that the plague was "corruption of the atmosphere" that came from this earthquake.
彼はこの痕跡と、疫病はこの地震のせいで起こった「大気の腐敗」である、という14世紀の報告との相互関係を明らかにしている。


Comet of 1681.
1861年の彗星(写真右)


The concept of astral bodies grazing the Earth's atmosphere or impacting Earth directly,
天体が地球の大気をかすめて通過し、あるいは地球に直接衝突し、
depositing microbes and viruses on Earth
微生物やウィルスを地上に堆積させ、
which may combine with Earthly microbes producing new strains of viruses and contributing to evolution and diseases, is daunting to say the least.
これらが地球の微生物と結び付いて、新種のウィルスを生み出し、これが進化や病気の一因となった、という考えには、控えめに言っても恐怖を禁じえない。
What can we possibly do to counteract such infectious threats?
このような感染の脅威に対抗するために、私たちはどこまでのことが出来るだろうか?
Could dietary changes influence the appearance and disappearance of diseases?
食事の変化が病気の出現や消滅に影響したのだろうか?

We know that the period between c. 500 and 1300 saw a major change in diet that affected most of Europe, a period preceding the Black Death.
私たちは、おおよそ500年頃から1300年頃の間に、食事に大きな変化が起こり、これは黒死病の流行に先立つ期間のヨーロッパのほぼ全域に影響を与えたことを知っている。
More intense agriculture on ever-increasing acreage resulted in a shift from meat to various grains and vegetables as the staple of the majority of the population.
益々広範囲の地所で、一層盛んに農業が営まれるようになった結果、人々の大部分の食糧が肉から様々な穀類や野菜へとシフトしたのである。
Meat was more expensive and therefore more prestigious and, usually in the form of wild game,
肉はより高価であり、そのため、より高い身分のためのもの、普通は野生の獲物の形となって、
was common only on the tables of the nobility which,
貴族のテーブルにのみ日常的にのぼるものとなったが、
according to some of the accounts, was hardly affected by the Black Death.
いくつかの報告によると、これは、黒死病によっても、殆ど影響を受けなかったという。
So it very well may be that meat consumption is a nutritional protection against diseases of various kinds, including the Black Death (the Paleolithic archaeological record certainly supports this idea).
だから、肉の消費は黒死病を含む様々な種類の病気から身を守る、栄養的な防御法であった可能性がある(旧石器時代の考古学上の記録は確かにこの考えを裏付ける)。

We know that grains are sources of gluten, a protein
穀類からたんぱく質であるグルテンが出来るが、
which is quite difficult to digest and to which increasing numbers of people are intolerant due to its modern hybridization for industrial purposes.
これは極めて消化が困難で、現代の産業の目的に適うように行われた異種交配のために、これに耐えられない人々が増加していることを私たちは知っている。
Anti-nutrients such as lectins in grains are known to be toxic.
穀類に含まれるレクチンのような反栄養素は有毒であることが分かっている。
The lectin of wheat is known to be pro-inflammatory, immunotoxic, neurotoxic, cytotoxic, cardiotoxic
小麦に含まれるレクチンは、炎症反応を促進し、免疫や神経や細胞や心臓に毒であり、
and may interfere with gene expression, disrupt endocrine function,
おそらくは遺伝子の発現に干渉し、内分泌機能を妨げ、
may adversely affect gastrointestinal function
消化管の機能に悪影響を及ぼすと思われ、
and - surprise - lectins share pathogenic similarities with certain viruses.[11]
さらに驚くべきことには、レクチンはある種のウィルスに似た病気の原因となる性質すら持っているのである。
A population with bread as a staple food is unquestionably susceptible to disease and, ultimately, pandemic.
パンを主食とする人々は疑いなく病気に罹りやすく、究極的には流行病が蔓延することになる。


11. Sayer Ji. Opening Pandora's Bread Box: The Critical Role of Wheat Lectin in Human Disease. Journal of Gluten Sensitivity, Winter 2009


As it was then, we are nowadays just as vulnerable due to the industrialization of our food supply.
当時のように、こんにちの私達も食料供給の産業化によって、同じように脆弱になっている。
Nutritionally deficient foods, plus widespread cereal consumption,
栄養の欠乏した食品に加えて、穀類の消費が広く行き渡っている上に、
added to the overwhelming toxicity of our environment
私達の環境中にある毒性は半端でなく
(heavy metals, fluoride, toxic additives in foods, etc),
(重金属、フッ化物、有毒な食品添加物、等々)、
have prepared us as the perfect population for destruction by the return of the Black Death.
黒死病の再発によって、私達が滅びる準備が万端整っているのだ。

(終わり)
posted by たカシー at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする