2017年10月24日

CassWiki:領域

CassWiki:領域
https://thecasswiki.net/index.php?title=Realm


これはカシオペアンが使う言葉で、リアリティの分割された1部分のことである。この言葉はとても広い意味で使われる。例示すると以下の通り:

・密度 ― 意識の発達度合いのことであり、どの密度に属するかによって体験する時空の大体のタイプや、他の実体を知覚する仕方等が決まる。
(※941023
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=28429645
---
A: (ミントゥーリアンは)体長平均11フィート(11×30.48cm=3.4m)で、第4密度領域に棲んでいる。
--- ※※)

・ある密度におけるSTOとSTSの区別
― 極性の異なる魂は、1つの密度の中でも別々の領域を占める。
(※950909
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=54200558
---
Q: (L) グレイの中にはSTOも居るのかしら?

A: 極めてまれなケースでは、グレイがSTOの領域へと足を踏み入れることがあるが、生来の環境においては、彼らは本来の仕様通りSTSである。
--- ※※)

・ある密度内の横軸方向の区分。並行宇宙(パラレル・ユニバース)のごとし。
(※950812
---
A: 。。。並行宇宙(パラレル・ユニバース)から出てきた、全くの思考パターンに過ぎないものや、あるいはリアリティが、これまで何度砂漠地帯に現れ、3Dの存在によって、3D領域の研究のために回収されたかな?さて、こういうことが起きていると本気で思うなら、そして実際起きているんだが。。。
--- ※※)

・領域はいわゆる「周波数共鳴エンベロープ」によって囲まれている。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=29753264
領域カーテンないし領域境界というのは、このようなエンベロープによる区画の別の呼び名である。

・ザ・ウェイブもまた、領域境界と呼ばれる。
(※941102
---
Q: (L) 。。。ザ・ウェイブはどこから来るの?

A: 彗星群の後に着いて来る。

Q: (L) 彗星群について来るのね。そのウェイブって何で出来てるの?

A: 領域の境界。
---

171014
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=84215790
---
Q: (L) 「移行」という言葉を使ったわね。。。どういう移行のことを言ってるの?

A: 領域境界の時空エリアを通過する地球の動き。
--- ※※)

領域はリアリティの分割に従って自然に発生する一方で、各領域はその住人によって影響される。一種の共鳴効果がある訳で、このせいで領域内の住人は周波数/振動数に関して境界内に閉じ込められる傾向がある。領域はラジオ放送と受信機に向かう聴き手に喩えられよう。自然は生命体に一種の自動微同調機能を授けていて、この結果、生命体は直近の領域にピタッと同調するのである。領域内の住人同士のやり取りによる影響も多少はあろうが、
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=29615313
同調の巧拙の個人間のばらつきは無視していいだろう。

領域境界は、殆ど同じ周波数で放送している、数多くの放送局に喩えられる。このため、チューニングの状態を少し変えただけで、チューナーは全く違ったリアリティにピタリと合う結果となる。受信者の心の中にあるリアリティの地図がどの放送なら着いて行けて、精神的に同期可能かを決めると言っていいだろう。領域境界とは、互いに手の届くところにあり、あるいはオーバーラップしている多数のリアリティの「帯域」をもたらす環境なのである。

領域間を通過することは、基本的にいつでも可能である。それはテクノロジーによって行われることもあり、何らかの方法で思考と存在の完全な純粋さを達成し、別のリアリティと同調することによって行われることもある。だが、領域間を通過する人が、その結果何が起こり得るのか、あるいはどこに向かっているのか分かっていない場合、このようなプロセスは問題含みである。人間として殆ど克服しがたい程の惰性の状態にある人の場合は言うまでもない。

領域は、完全に物質的でもなければ、完全に意識を基礎とした概念でもない。領域とは1組の間仕切りであり、特定のタイプの意識がリアリティとのやり取りを体験する、サンドボックスに少し似ていると言えよう。各回の移動は何らかの周期に従っており、例えば転生によって、意識は領域間を移動する。受肉した状態とそうでない状態は、異なるものの繋がった領域を占めている。

カシオペアンによれば、
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=84075153
領域境界で起こる現象は、テクノロジーによって操作可能である。4D STS生命体が地球にある種の支配を保ち、また、神話にいわゆる「人類の落下」の際に人類の肉体に強制的に変更を加えたのも、そうしたやり方によるものだ。

これらのプロセスについて、我々は科学的に正確な言葉で述べることができないので、幾分比喩的な意味を持つ「周波数」や「共鳴」のような語を用いねばならないのである。
posted by たカシー at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。