2017年07月08日

ラブロフ露外相「米露、シリア南西部での停戦に合意」

SOTT パペットマスター


ラブロフ露外相「米露、シリア南西部での停戦に合意」
https://sott.net/en355791


RT
2017年7月7日

c Carlos Barria / Reuters
(※写真キャプション)
2017年7月7日、ドイツのハンブルクで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議に合せた露米首脳会談で握手するプーチン露大統領とトランプ米大統領

アメリカとロシアがシリア南西部での停戦に合意し、これはダマスカス時間で7月9日正午に発効すると、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が発表した。

20カ国・地域(G20)首脳会議に併せて開かれた、画期的な米露首脳会談の後、ラブロフ外相は次のように述べた。


---
シリア南西部のダルアー、クネイトラ、スウェイダ地域において、ダマスカス時間で7月9日正午に停戦協定が発効する。アメリカは同地域に展開している全軍を停戦協定に従わせることに同意した。
---

(※地図)
c Google Maps


ヨルダンの首都アンマンでロシアとアメリカ、ヨルダンの専門家による会合が行われ、シリア南西部での停戦と安全地帯の設置に関して協定が結ばれたという。


---
「当初はロシアの軍事警察が、ヨルダン、アメリカ両国と協調して、安全地帯周辺における停戦の監視を行う」とラブロフ外相は述べた。
---


この取り決めは、先にロシア、トルコ、イランがカザフスタンの首都アスタナに場を設けて、シリア政府と反体制派軍の代表と行った安全地帯設置の仮合意とは別物である。

今月4-5日に開かれた同会合では、具体的な地域や監視体制について最終合意に至っていなかった。
posted by たカシー at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。