2017年06月21日

小笠原諸島の火山島「西之島」が再び噴火 日本

SOTT 地球の変化


小笠原諸島の火山島「西之島」が再び噴火 日本
https://sott.net/en354162


毎日
2017年6月20日

c Meteorological Research Institute
(写真キャプション)
「西之島」島から真っ赤な溶岩が流れ出す様子

「西之島」島が約1年半ぶりに噴火を再開した。日本の気象研究所(気象庁―JMA―)の発表によれば、溶岩で島の拡大が続いた最盛期の2014〜15年と同程度に活動が活発化しているという。

小笠原諸島に属するこの島=火山から噴出している火山ガスの分析から気象庁は、「地下ではマグマが次々と供給されているとみられ、活動はしばらく続きそうだ」としている。

同研究所が今年5月25〜27日に、海洋気象観測船「啓風丸」で観測を行ったところ、小規模から中規模の溶岩を噴き上げる「ストロンボリ式噴火」が平均46秒に1回、爆発的な噴火で火山灰や噴石をまき散らす「ブルカノ式噴火」は1時間に1回起こった。また、火山ガスに含まれる二酸化硫黄の放出量は1日当たり約500トンで、活動が活発な時期としては最後に観測した2015年10月と同程度に戻っていた。

「西之島」火山の噴火は2013年11月に始まり、約2年後の2015年11月の確認を最後に沈静化していたが、今年4月に再び噴火を始めた。

同研究所の火山学者である高木朗充(あきみち)氏(火山研究部第三研究室長)は「いったん弱まった離島の火山の活動がわずか2年ほどで再活発化することは珍しい」と話している。
posted by たカシー at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。