2017年04月09日

「ヘドロをかき出す」と公約した男、ヘドロにかき出される

SOTT パペットマスター


「ヘドロをかき出す」と公約した男、ヘドロにかき出される
https://sott.net/en347593


ロブ・スレーン
ブログマイア
2017年4月8日

(※写真「ヘドロにかき出された」)

理性ある人がドナルド・J・スワンプに投票しに行こうと考えたであろう理由は3つだけだった。1つ目は、彼がヒラリー・クリントンのようなサイコパスではないということだった。2つ目は、彼が大統領候補の中では最も、ロシアと戦争を始めて第3次世界大戦を惹き起こしそうになかったからだった。そして3つ目は、彼が「ヘドロ(swamp)をかき出す」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=81656075
つもりだと言ったからだった。これらは常にとても薄弱な理由だった。私が以下で書いた通りである:
http://www.theblogmire.com/america-elects-man-for-not-being-somebody-else-mrs-clinton-enters-history-books-as-the-worst-president-america-never-had-repentance-urgently-needed/
http://www.theblogmire.com/donald-trump-hillary-clinton-now-starring-in-the-basket-of-deplorables-a-freak-show-masquerading-as-an-election/


---
人々は何をしでかすか分からない危険人物を選出したのであり、私が固唾をのんで見守り、彼にチャンスを与えたとしても、彼が行った幾つかの愚かな発言は言うに及ばず、彼の性格や気性を考えると、これから4年間のアメリカが、2016年のアメリカよりずっと素晴らしくなるとは、さして信じられない。

確かに候補者の1人は、少なくとも一見したところでは、他の候補よりも辛うじて、我々を世界戦争へと導きそうにない。これは彼に投票すべき合理的な理由ではないのか?この「辛うじて、我々を世界戦争へと導きそうにない大統領候補」が、しばしばルーレットを使って外交政策を決めているようだと思えてくるまでは、そうかも知れない。そして、ルーレットに対する信頼が合理的だとみなせるかどうかは議論の余地がある。。。かき出す必要のあるヘドロは、トランプ氏がワシントンで存在を突き止めた塊より遥かに大量なのであり、その達成には、新手の政治家による壮大な公約ではなくて、国を挙げての贖罪が必要となろう。
---


という訳で、これが証明されたのである。他国に政権交代を迫るというアメリカの凶悪な政策を中止し、国境から数千マイルも離れた諸国で覇権戦争を行わないと公約して選ばれたにも拘わらず、スワンプ氏は今や、これら公約の全てを破ったのだ。これらが常に空約束なのかどうか、あるいは、彼が単にネオ・トロツキストたちのディープステート(笑止千万だがネオ「コン」の名で知られるもの(連中が何を保守する(conserve)というのか?))からの計り知れないプレッシャーに屈しただけなのかどうかは、まだ明らかでない。

私の推測では、彼は本当に公約が実現可能だと信じていたのであろう(彼が大統領に立候補する前から、シリアには関与しないとツイートしていたことから、確かにそう思われる)が、彼が考えていたのは、自分の企業帝国の経営と同じようにして、彼は国を治められるということだった。私の推測では、彼はすぐさまネオ・トロツキストたちから、そうは行かないのであり、連中の言いなりにならなければ退陣だと、教えられたのだろう。私の推測では、彼はおそらく、主権国家に対して「タフでマッチョな」行動に出れば、連中をなだめられると思ったのだろう ― これは化学兵器が使われたという、完全には証明されていない主張に基づいた行動であり、付け加えるならば、偶然にもこれは、この気の毒な国をサラフィー主義国家に変えようと企むイスラム原理主義者たちにとって大いに有用な行動である。

これらの推測が正しいとしても、私が彼をスワンプ氏と呼んだのは申し訳ないと思う。だが、彼は大いに間違っている。トロツキストをなだめることなど出来ない。連中をなだめるのは無理なのだ。彼は今や連中によって完全にコントロールされており、連中の意のままに動く囚われの身だ。命令を拒絶すれば、連中は彼を破滅させるだろう。

しかし、ネオ・トロツキストの操り人形になったということは、当然ながら、今や彼は彼に投票した支持者の大部分を失ったことを意味する。というのも、彼らはヘドロをかき出すという彼の公約を信じていたからだ。ネオ・トロツキストに向かって立ち上がることに失敗したことで、今や彼は、他の理由から彼を軽蔑する左派リベラルのみならず、彼の後ろ盾となってきた数百万の支持者たちの不興も買うこととなった。今や彼は史上最も不評な大統領と相成り、彼の弾劾を求める声が両サイドから出始めた。

彼はサイコパスでないし、彼なら世界中でアメリカが行ってきた戦争挑発行動を止め、彼はヘドロをかき出すだろうという、スワンプ氏に投票した人々が抱いたわずかな望みは、ディープステートをなだめようとして彼が行った、虚栄心に満ちた、愚かな、理性的でない、危険で、憲法違反の戦争への突進のせいで、今やズタズタに引き裂かれてしまった。今年末まで彼が大統領職に留まれるかどうかすら大いに疑わしいと私は思う。ヘドロをかき出すと公約した男は、ヘドロにかき出されてしまった。ドナルド・J・スワンプ。
posted by たカシー at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。