2017年01月01日

プーチン、オバマとの争いに終止符:ロシア、アメリカの報復措置に対抗して。。。駐露米外交官の家族をクレムリンでの新年パーティーに招待し、オバマや家族の幸運を祈ると

SOTT ウェブ上のベスト記事


プーチン、オバマとの争いに終止符:ロシア、アメリカの報復措置に対抗して。。。駐露米外交官の家族をクレムリンでの新年パーティーに招待し、オバマや家族の幸運を祈ると
https://sott.net/en338141


RT
2016年12月30日

(プーチンの写真)

ロシアのプーチン大統領は、アメリカがロシアに対する報復措置として35人の外交官の国外退去処分を決めたことに対抗するため、駐露米外交官に対しても同様の措置を講じてはどうかという外務省からの提案を拒否した。「オバマ大統領の行動はロシアの反応を引き出そうと挑発するものですが、ロシアは怒ったりしません」とプーチン大統領は述べた。

「私たちは対抗する権利を保留しますが、こんな無責任な『キッチン外交』レベルの手段まで講じるつもりはありません。ドナルド・トランプ次期大統領が採用する政策に基きつつ、露米関係を修復できるような取り組みを行って行きたいと思います」 クレムリンのウェブサイトで公表された声明の中で、プーチン大統領はこのように述べた。

「オバマ政権とは違って、新年のお祝いの前に、他国の外交官とその家族を狙い撃ちにするようなことをロシアはしません」とプーチン大統領は語った。

「私たちは外交官の家族や子どもたちが新年の休暇中いつも使っているレジャー施設を使えないようにしたりなどしません。それだけでなく、私は正式に信任状を与えられロシアにいる米国の外交官の子どもたちをクレムリンの新年・クリスマスの催しに招待します」とプーチン大統領。
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/b79faf035821fe2e7fface054e32197c

「オバマ政権がこのようなやり方で終わることを残念に思います。しかし、それにもかかわらず私は退任されるオバマ大統領とそのご家族に新年のご挨拶を申しあげたいと思います。

次期大統領のドナルド・トランプ氏とアメリカの皆さんにも季節のご挨拶を申しあげます!」とプーチン大統領は結んだ。

これより先にセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアの外交官35人を追放するというアメリカの措置に対抗して、ロシアもアメリカの外交官35人を追放するという計画を明らかにしていた。アメリカがロシアの外交官たちが休暇中に使っている2つのレジャー施設を使わせない措置を取るというので、ロシアも同様の措置を講じるだろうと言っていたのである。

オバマ大統領は、ロシア政府が11月のアメリカ大統領選挙に干渉していたとし、その制裁としてロシア外交官に対する措置を発表していた。ロシア政府は疑惑を否定している。


(写真下のキャプション)
やんちゃ坊主がお行儀よくなるように躾け


---
SOTT編集部コメント:逆境においても誰も真似できない事をする。。。これぞロシア人魂だ。

アメリカのエリートたちが自滅して行くので、プーチンは応戦する必要がないのだ。

最新情報:ナイジェル・ファラージ、アメリカによる外交官の国外追放に対してプーチンが「大人の対応」と称賛


------
元イギリス独立党党首のナイジェル・ファラージは、アメリカから外交官を国外追放されながら、アメリカ外交官に同様の処分を行わないことに決めたウラジーミル・プーチン大統領を称賛した。

欧州議会議員であり、ブレキジットの著名な活動家であるファラージは、プーチンが「大人の対応」をしたとツイッターで称賛した。

アメリカ大統領選以来、ドナルド・トランプ次期大統領との関係を深めていたファラージは続けて、新政権には米露関係を「すぐに改善してもらいたい」と語った。
------
https://www.rt.com/uk/372267-farage-putin-diplomatic-expulsions/


本エピソードに関するデュランのアレキサンダー・マーコーリスによるコメントは、一読の価値がある:


------
このエピソードもまた、プーチンの一味違うやり方を示すものだ。私はしばしばそのようにコメントしてきたのだが、西側メディアが抱いている彼のイメージと全く相容れないため、一顧だにされなかったのである。これがプーチンの習い性となっている礼儀正しさなのだ。プーチンがそれをロシアの有利になるように利用する例を、またしても見せられた格好だ。プーチンの声明が感銘を与えることに成功したのは、西側メディアの反応の困惑ぶりから見て取れる。西側メディアはプーチンの声明を報じつつも、従前と一貫した反応を提示しようと躍起になっているのだ。。。プーチンの声明はもちろんながら、西側諸国民だけに向けられたものでもなければ、主として彼らに向けられたものですらない。西側のコメンテーターたちが見過ごし続けている事実は、プーチンが主にターゲットとしている聴衆=発言するときには常に語りかけている主たる相手がロシア国民であるということだ。

プーチンの声明はまたしても、彼が実に熟達した政治家であることを示す一方、なぜ彼がかくも長きに亘ってロシアの政治を支配しているかの理由をも示している。

年末年始休暇(ロシアでは最大かつ最重要な休日)の前夜に、プーチンがオバマの無粋な措置に対して見せた反応は、オバマの措置を「挑発」と呼ぶものだった。さらに彼は、そうした挑発に乗るのを拒否することによって、ロシアが ー 引いては彼自身が ー 遥かに強く偉大に見えるようにしたのである。同時にプーチンは、オバマの措置によって、ロシアの外交官や家族の年末年始休暇がどれだけ目茶目茶になったかを暴くことでオバマの執念深さを浮き彫りにした。その上で彼は、アメリカと同様の対応を拒否するだけでなく、アメリカ外交官の子どもたちをクレムリンの新年・クリスマスの催しに招待することで、ロシアの ー 引いては、またしても彼自身の ー 寛大さを対比して見せたのである。

これは熟練した判断に基づく対応であり、殆どのロシア国民がプーチンに対して既に持っている高い評価を確たるものにするだけでなく、自分達の指導者としての彼に対する支持を、さらに揺るぎないものにする対応なのだ。

ちなみにこれは、プーチンが大統領職にある間の一貫したパターンだった。西側からの攻撃を、プーチンは常に自国の政治に有利になるように利用してきたのである。

結局、このエピソードが示すのは、オバマが実に醜悪な、心の狭い人間であること、そしてまた、プーチンが実に熟達した賢い人物であることなのだ。

大統領としてのオバマが一貫して最も賢い人間だと見られたがってきたものだから、プーチンの対応は ― またしてもプーチンの方がオバマより賢いことを示すもので ―、オバマをさらに立腹させることまず間違いなしだろう。
------
http://theduran.com/putin-confounds-obama-cleverly-turning-obamas-expulsion-russian-diplomats-advantage/

------
(※トランプのツイート)
ドナルド・トランプ認証済みアカウント

(V.プーチンが)対応の先送りを決めたのは素晴らしいことだ。。。彼が非常に賢明だとずっと思っていたんだ!
26,621
リツイート
70,854
いいね
11:41 - 2016年12月30日
------
---
posted by たカシー at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。