2016年11月24日

マリーヌ・ルペン:4日前には勝つ「見込みなし」だったが、最新世論調査では29%で首位に

SOTT パペットマスター


マリーヌ・ルペン:4日前には勝つ「見込みなし」だったが、最新世論調査では29%で首位に
https://sott.net/en334442


アレックス・クリストフォルー
ザ・デュラン
2016年11月20日

(写真)
c Reuters
調査会社イプソスの世論調査で首位に立ったマリーヌ・ルペン

17日、マリーヌ・ルペンが大統領選で勝利する「可能性はないに等しい」と、インディペンデントは世論調査の結果を報じていた。その手は食わないぞ。。。フレキジットがやって来るのでは?来たるフランス大統領選でルペンが勝利する「見込みはない」と評論家は言っていたが。。。

ブレキジットやトランプの先例に学んで、世論調査会社は調査方法を見直すべきかも知れない。

金融ブログ「ゼロヘッジ」は本日付の記事で次のように報じている。。。


---
。。。これまでの世論調査結果とは打って変わって、「国民戦線」の党首であるルペン ― 同党首の躍進ぶりは、イギリスとアメリカで起こったのと同様な、フランスにおける大衆の(populist)反乱と目されてきた ― が、最新のフランス大統領選世論調査において、大差で首位に立ったことが本日判明した。

インディペンデントが「マリーヌ・ルペンが2位に大差 最新のフランス大統領選世論調査」という記事で報じているように、
http://www.independent.co.uk/news/world/europe/marine-le-pen-poll-election-odds-latest-french-presidential-lead-sarkozy-a7428126.html
イプソス社が11月20日に実施した最新の世論調査では、ルペンが29%を獲得。2位のサルコジ前大統領に8ポイント差をつけて、首位となった。ルペンと左翼党のジャン=リュック・メランションとの差は15ポイントだった。イプソスは、5人の候補が勝利するパターンについてシナリオ分析を行っている。
---
http://www.zerohedge.com/news/2016-11-20/marine-le-pen-takes-huge-lead-french-presidential-election-poll-just-days-after-bein


なお、ルペンの躍進について、FOXニュースはこう分析している。。。
https://www.youtube.com/watch?v=pMaEFmT-gF4


---
SOTT編集部コメント:その後の情報によるアップデート:
最大野党の共和党など中道・右派陣営の候補者を選ぶ、約430万人による予備選の第1回投票が20日投開票され、サルコジ前大統領(61)が脱落、フランソワ・フィヨン元首相(62)とアラン・ジュペ元首相(71)が27日の決選投票に進むことが決まった。全10,229箇所のうち9,551の投票所の開票による暫定的な結果ではあるが、7人の候補者のうち、フィヨン氏は44.1%の支持を得てトップに立ち、ジュペ氏が28.6%、サルコジ氏が20.6%で続いた。
https://resultats.primaire2016.org/index.html#/total
他の4候補の得票は、いずれも2桁に達しなかった。

(サルコジの様子を収めたビデオクリップ)
https://t.co/QEN9x7QBvt

オバマの任期が終わり、キラリーも敗北、サルコジが脱落して、おそらくメルケルも同様の結果になろうから、ポピュリズムの1つの大きな時代が幕を閉じ、もう1つが幕開けを迎えたのである。
posted by たカシー at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。