2016年11月19日

クリントン、オバマ、ポデスタ、ソロス、アブラモビックは小児性愛者組織とつながっていた

SOTT パペットマスター


クリントン、オバマ、ポデスタ、ソロス、アブラモビックは小児性愛者組織とつながっていた
https://sott.net/en333775


ショーン・アドゥル=タバタバイ
ユア・ニュース・ワイヤー
2016年11月11日

(写真)
c Your News Wire

バラク・オバマやヒラリー・クリントンを巻き込んだ小児セックス・リングがワシントンDCで発見され、政界に激震が走ることが確実視されている。

クリントン氏陣営のジョン・ポデスタ選対委員長は、気付くと小児性愛スキャンダルの渦中に居た。巨大ニュース掲示板レディットのネット探偵たちが、ウィキィークスの助けを借りて暴いたのである。

レディット
https://www.reddit.com/r/The_Donald/comments/5bpa7c/breaking_from_the_anon_who_brought_you_the_laura/
は、以下のように報じている:


---
ここで取り上げるのは、ジェームス・アキレス・アレファンティスという人物である。アレファンティス氏は、ワシントンDCにあるピザ屋「コメットピンポン」のオーナーだ。アレファンティス氏には、ワシントンDCの著名人の相当数が関与しているペドファイル・リング(小児性愛者組織)の類を運営していることを示す、穏やかならぬ兆候がある。彼がこれらの名士たちの「アキレス腱」となりそうなのだ。

調査を始めるや、アレファンティス氏は彼の投稿の多くを削除し、ソーシャルメディアを非公開にした。だが、我々は彼のオンライン世界での活動の全てをアーカイブ済みである。ここに投稿したリンクは、私が調査を手伝う間にアーカイブしたものであり、スクリーンショットも撮っておいた。

まず最初にアレファンティス氏と有力者たちとのつながりについて論じ、その後、彼がペドファイルであり、コメットピンポンをセックス人身売買組織(トラフィッキング・リング)のフロントとして使っていることを示す、圧倒的な数の証拠のあらましを述べるとしよう。


I. 政界の実力者たちとアレファンティスとのつながり

デービッド・ブロック(「コレクト・ザ・レコード」代表)

ジェームズ・アレファンティスはピザ屋「コメットピンポン」のオーナーであるが、「コレクト・ザ・レコード」(CTR、「記録を正そう」の意)の設立者(元代表)であるデービッド・ブロック
https://en.wikipedia.org/wiki/David_Brock
の恋人だ。下のリンクはその証拠である。2人は、三角関係となったブロックの元恋人からゆすられていたという。

http://www.foxnews.com/politics/2012/02/27/media-matters-boss-paid-former-partner-850g-blackmail-settlement.html

これは、アレファンティスのインスタグラムにアップされたブロックの写真である:

https://i.sli.mg/p58Eks.png


ヒラリー・クリントン

これは、アレファンティスがヒラリーから受け取った手紙の写真で、ヒラリーは、ポデスタ主催の資金調達イベントの際にアレファンティスが行った寄付に対してお礼を述べている。

http://archive.is/Jeh0X

連邦選挙管理委員会(FEC)のサイト内を検索してみても、アレファンティスがクリントン陣営およびクリントンを支持するPACに資金を提供しているのが分かる:

http://search04.fec.gov/vivisimo/cgi-bin/query-meta?input-form=advanced-fec&query=Alefantis&v%3Asources=Administrative_Fine&v%3Asources=Advisory_Opinion&v%3Asources=Alternative_Dispute_Resolution&v%3Asources=Audit_Reports&v%3Asources=Matters_Under_Review&v%3Asources=Matters_Under_Review_Archived&v%3Asources=Rulemaster&v%3Asources=Candidate_Summary&v%3Asources=Committee_Summary&v%3Asources=fec.gov&v%3Asources=Disbursements&v%3Asources=Receipts&v%3Asources=Other.Transactions&v%3Aproject=fec_search_02_prj

http://archive.is/5ljQn


バラク・オバマ

これはアレファンティスが投稿した、オバマが少年とピンポンをしている写真である:


(写真)
c Via Instagram/Jimmy Comet
http://archive.is/4uB5R


オバマの名前はポデスタ・メールにも出てくる。コメットピンポンの敷地内で、電話機を並べた資金集めを開催していたのだ。

https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/27890#efmAKgALR

https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/5326#efmADoAEY

アレファンティスがホワイトハウスを数回訪ねていたことも記録に残っている:


(写真)
c Imgur.com
http://imgur.com/Ia1lLQK


ジョージ・ソロス

そう、ジョージ・ソロスまでもが、このピザ屋に関わっていた。彼はデービッド・ブロックが設立したPAC「アメリカン・ブリッジ」への最大の献金者と言われる。

http://archive.is/afTPu

このPACがコメットピンポンに数件の寄付を行っていることが、FECサイトの記録から分かるのだ:

http://docquery.fec.gov/cgi-bin/fecimg/?13941306270

http://docquery.fec.gov/cgi-bin/fecimg/?13940775420

http://docquery.fec.gov/cgi-bin/fecimg/?14960793887


マリナ・アブラモビック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2590126&id=81036134

アレファンティスがインスタグラムにスピリット・クッキングの「芸術家」であるマリナ・アブラモビックの写真をアップし、彼女に言及していることから、彼は彼女と何やら関係があるようだ。

(写真)
c Via Instagram/JimmyComet
https://i.sli.mg/laESt4

彼はまた、おそらく悪魔モロクを暗示しているらしき写真も投稿している。

http://archive.is/ycEwD


ポデスタ

これは、アレファンティスが投稿したトニー・ポデスタの家の写真である:

http://archive.is/LIHTn

トニー・ポデスタの家にある、この『苦しみの門』像については、下のワシントンポストの記事で見たのを覚えている方も居られよう:

https://archive.fo/HhWH9

この家にはビルジャナ・ジョルジェビック
https://www.youtube.com/watch?v=_7g_1dLZ6X8&t=12s
が描いた、児童虐待の絵が飾られていることを心に留めておいて欲しい:

https://i.sli.mg/dBY95x.jpg (写真)

http://washingtonlife.com/2015/06/05/inside-homes-private-viewing/


II. ジェームズ・アレファンティスが、コメットピンポン内からペドファイル・リングを運営していることの持つ意味合い

A. コメットピンポン内からオンラインでアレファンティスが行った性的言及

第一。コメットピンポンは、「両親と子どもたちのための家族の場」を謳い文句にしている。

下にURLを示したウェブサイトに、この店の評が載っているのだが、評者はこの店の建物に秘密のドアが存在すると述べている(料理タレントのガイ・フィエリがテレビチャンネル「フードネットワーク」の料理番組「ダイナーズ・ドライブインズ・アンド・ダイブズ」でこの店を取り上げたことも分かる)。サイトへのリンクと該当箇所のスクリーンショットは以下である:

http://www.sashalordpresents.com/comet/

https://i.sli.mg/iFTJal.png

ワシントンポストもまた、コメットピンポンがワシントンの地区諮問委員会から「レイプや殺人の温床」になるとして糾弾されているという記事を載せていた。(※店の前の歩道で、夜中でもピンポンをしているとのこと。
https://www.youtube.com/watch?v=oHXBrEXmowo )

http://voices.washingtonpost.com/rawfisher/2008/06/dc_official_outdoor_seats_at_p.html

http://archive.is/ezdQE

http://www.washingtoncitypaper.com/news/city-desk/blog/13055188/frank-winstead-gone-wild-the-recordings

http://archive.is/23PH4

「家族で気楽に楽しめる」と主張しているにもかかわらず、このレストランの店内には性をモチーフにした穏やかならぬ絵が数多く飾られており、ジェームズ・アレファンティスはオンラインで、公然と、あるいは黙示的に、相当な回数、ペドフィリアに言及している。アレファンティスは実際、未成年かも知れない少女の膣に男が性器を挿入している「芸術」写真を投稿していた。私はそれをここではシェアしないでおくが、これはアーカイブ済みである。その後、彼はこの写真を削除した。

追記:皆から、編集した上で、その写真を投稿するよう勧められた。下がそれである。職場で開くとまずい部分は削除してある:

https://i.sli.mg/IFs0bU.png

追記:ユーザーは、この写真が実際には、ある芸術家とポルノ女優である妻との自撮りかも知れないと言う。だがそれでも私は、「子どもに優しい」施設のオーナーがインスタグラムに露骨なポルノ写真を投稿するのは、少なくとも不適切だと思う。

これはコメットピンポン店内の写真だが、「黙れ、FXXXするぞ」と「アーメン」という落書きが読み取れる:

https://i.sli.mg/lu0Uf9.png

彼はコメットピンポン店内の卓球台に女の子がテープで貼り付けられている、穏やかでない写真を投稿した。

https://archive.fo/YJJnJ

彼は幼児を買うところだと冗談を言っていた:

https://archive.fo/5UecO

彼が投稿した下の写真では、フランス語で「私は子どもが大好きだ」と書かれたシャツを着た男がフィーチャーされている。

(写真)
c Via Twitter@JimmyComet
https://i.sli.mg/ON22AY.png

下の投稿で彼は、「ブンブン・ルーム」の話をしているが、これは異国の娼婦がセックスのことを呼ぶ「ブンブン」という言葉にかけているような気がしてならない:

https://i.sli.mg/Dk0yPw

上の写真で出てきた「ブンブン・ルーム」についてはこんな記事もある:

https://www.washingtonpost.com/express/wp/2015/10/14/with-la-boum-boum-room-d-c-just-got-a-lot-weirder/

子どもたちが何かの奇妙な典礼か儀式に参加している写真:

(写真)
c Via Instagram/JimmyComet
http://archive.is/hXYje

https://i.sli.mg/dAMKb2.jpg

誰かがコメットピンポンにタグ付けした、これまた奇妙な写真:

https://i.sli.mg/7UoOMf.png

アレファンティスが投稿した下の写真では、1人の男が幼い男の子と一緒に、黄色いビーズ玉のネックレスを頭から被っている。ちょっと検索してみれば分かるのだが、黄色いセックス・ブレスレットはアナリンガス(※口で肛門を愛撫すること)
を意味し、インスタグラム投稿に付けられているハッシュタグ「#チキンラバー」というのは、未成年の少年に惹かれる成人男性、すなわちペドファイルのことである。それらも下にリンクしておく:

http://archive.is/2XUmH

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=sex%20bracelets

https://i.sli.mg/RXxkc6.png


B. ピザへの言及は、性的な意味合いか、あるいは子どもたちが関わっているという意味

アレファンティスたちが「ピザ」という言葉で、少なくともセックスを暗示しているのは明らかである(年少者とのセックスを意味するのだと私は思う)。以下に掲げるのは、アレファンティス他が、コメットピンポンにタグ付けした、ピザや子どもたちをモチーフにしてセックスを暗示した数多くの写真である。

https://archive.fo/rwOig

https://archive.fo/mKH6M

https://archive.fo/NphBA

http://archive.is/YObkd

https://i.sli.mg/8Ziyud.png

https://i.sli.mg/r8cIgN.png

https://i.sli.mg/6ShWWC.png

https://i.sli.mg/r1x646.jpg

https://i.sli.mg/9ci3lJ.png

http://imgur.com/a/txnm3

https://archive.is/FMLbx


C. システマチックな幼児虐待とトラフィッキングの暗示

コメットピンポンが店内で行った「コンサート」のポスターは、虐待とペドフィリアに言及している。

下のポスターは、強烈な虐待を受けているときに子どもたちが体験する体外離脱を描いたものだろう:

(写真)

https://i.sli.mg/kHXqhi.jpg

下のポスターに出ている、コメットピンポンで演奏するバンド名は「ロリータズ」である:

https://i.sli.mg/4Y3VIs.jpg

さらに穏やかでないのは、アレファンティスが実に不審な地下室の写真を数多くインスタグラムに投稿しつつ、友人で「これらを一杯にするんだ」などと、公然と冗談を言っていたことだ。

アレファンティスが投稿した下の写真には、男たちが穴を掘る様子が写っている。彼は友人たちと、「これを一杯にするぞ」と冗談を言い合い、1人は、自分の穴は「随分前から一杯だ」とコメントしている。彼らはまた、近い将来穴の中に「並べる」のだと冗談を言い合っていた。

https://i.sli.mg/s3px8V.png

彼が投稿した別の写真には、大きな冷凍室らしきものが写っているのだが、これは監禁か拷問の類に使われる場所なのかも知れない。写真へのコメントでは、「使い終わったら洗い流しておけよ」とか「殺人部屋だ」とかいう冗談が述べられている。

(写真)
c Via Instagram/JimmyComet
https://i.sli.mg/86mWlT.png

上の写真に「殺人室だ」とコメントしていた男は、自分のインスタグラムに、彼が自作した子どもサイズの棺桶らしき写真を数多くアップしている:

(写真)
c Via Instagram
https://i.sli.mg/m9UgrV.png
https://i.sli.mg/3YcyRF.png

下に掲げたのは、「拷問部屋」という言葉が出てくる、穏やかでないウィキリークスのポデスタ・メールである:

(写真)
c Via Wikileaks
https://wikileaks.org/podesta-emails/emailid/56492

最後に、コメットピンポンがある区画の地所はあらかたヒラリーを支持する団体が所有していることに、人々は気付いている。

(写真)
https://i.sli.mg/1XVf9d.png

上の写真に付記されていたように、コメットピンポンの近くにオフィスを構える近隣団体のロゴは、下のFBIの文書で分かる通り、ペドファイルが用いることが知られている図案にそっくりなのだ:

https://i.sli.mg/TcMOz6.png

これに関して、我々は何が出来るだろうか?

ワシントン警察とFBIは、この状況に対してまず何も行わないだろう。国民の関心を高めるのだ!この問題に関して、権力者たちと闘う最善の手段は、公衆が変化を要求するまで、広報活動に努めることである。拡散するのだ!

昼夜無しに大統領選の話をしているレディット内の「政治(/pol/)」匿名板の全てや、
ソロスとオバマのつながりに気付いた、抜け目ない住人の居る、このコミュニティ、特に” /u/dota2_scrub”
https://www.reddit.com/u/dota2_scrub
に書き込むのだ。

追記:” /u/omfgzlolz”での指摘によれば、「ピンポンする」というのは、3Pセックスを意味するスラングとのことである。

http://www.urbandictionary.com/define.php?term=ping+pong&defid=1386116
(※2つのラケットが男で、女がピンポン玉。。。等とあります)

追記2:新情報によれば、ジェームズ・アレファンティスの女きょうだいであるスーザン・アレファンティスは、5人の少女に乱暴して有罪となった教師の嘆願書を書いていたという。

https://s3.amazonaws.com/s3.documentcloud.org/documents/835178/kloman-letter-writers.pdf

この性的虐待者に関する記事はこれだ:

https://www.washingtonpost.com/local/crime/potomac-school-investigation-uncovers-more-alleged-abuse/2014/06/30/57abfa0e-0072-11e4-8fd0-3a663dfa68ac_story.html
---


---
SOTT編集部コメント:これらのいわゆる「指導者たち」はあなたが想像するよりずっと病んでいる。世界じゅうのトップクラスの政治家から、「裕福で」「影響力ある」人々に至るまでの数多くが、ペドファイル・ネットワークやもっと悪質なものに関与してきた。

参照せよ:
女嫌いの男たち:「フランクリン・スキャンダル」および我々の指導者たちの真実
https://www.sott.net/article/236161-Men-Who-Hate-Women-The-Franklin-Scandal-and-the-Truth-About-Our-Leaders#
イギリス「上層部」:サイコパスの仮面をはぐ ― 上層部にはびこるペドフィリアと殺人
https://www.sott.net/article/290453-UK-Establishment-Unmasking-psychopathic-faces-Pedophilia-and-murder-in-VERY-high-places
ベルギー版X-ファイル:マルク・デュトルー事件で明らかになったペドファイル・ネットワーク
https://www.sott.net/article/242624-Belgiums-X-Files-Dutroux-Affair-Uncovered-Pedophile-Networks
世界のエリートの間に広がる巨大ペドファイル・リング
https://www.sott.net/article/322016-Pedophile-rings-are-enormous-and-pervasive-among-the-worlds-elites
posted by たカシー at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。