2016年05月11日

CassWiki:周波数共鳴振動(FRV)

CassWiki:周波数共鳴振動(FRV)
http://thecasswiki.net/index.php?title=Frequency_resonance_vibration&stable=1


周波数共鳴振動(Frequency Resonance Vibration)、略してFRVは、カシオペア文書特有の用語である。

「周波数(frequency)」という語は一般的に、一定の時間内に繰り返す事象の発生頻度を意味する。「振動(vibration)」という語は一般的に、振動し繰り返す動きを指す。「共鳴(resonance)」が起こるのは、1つのシステムの振動が、他のシステム内で同じ周波数の振動を引き起こす引き金となるときである。システムは、共振しがちな周波数=「共鳴周波数」を1つ以上持つ。

ニューエイジに共通の業界用語であるヴァイブレーション(振動)ないしヴァイブというのは、人物や状況に対する霊的印象、感じというような意味だ。周波数が高いのは、優良すなわち、霊的に価値が高いことを意味し、周波数が低いのは、汚れた、不明瞭、不愉快、下品、さらにはおそらく暴力的で利己的であることを意味する。人が共鳴を感じ、あるいは何かに共鳴するとは、人であれ情報であれ、その何かが何らかの形で正しい、あるいは個人的に相応しいと感じるときを言う。

カシオペア文書においてFRVとは、人物の属性であり、その人が連携する対象や、その人固有の性質に関係がある。FRVは他者への奉仕か、自己への奉仕か、いずれかの傾向を帯びる。

FRVは一定不変のものではない。人のFRVは影響を受ける結果変わることがある。もしある人が違うFRVを持つ別人の近くに居るなら、2人が同じ周波数で共鳴し始める強制共鳴が起こることもあり得る。しかし、一方の人は、他方の人とは異なる周波数に共鳴する体質かも知れない。

FRVは知識や知的能力に直接結びつく訳ではない。しかし、知識と知的能力は人がFRVに取り組むのを容易にする。それらがあれば、人はSTSとSTOを見分けて、それに対応する選択を行う結果、いずれかの目的地へと向かって行くことができよう。FRVは本質的に、その人が感情的に向かう先を示している。

超次元的な文脈においては、周波数および振動という語が文字通り、思考センターとの連携という意味を持つことがある。そのような場合、この現象はこのように知覚されることはなく、比喩的な意味合いとなる。
posted by たカシー at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。