2016年04月30日

CassWiki:ローラ・ナイト=ヤズィック

CassWiki:ローラ・ナイト=ヤズィック
http://thecasswiki.net/index.php?title=Laura_Knight-Jadczyk


(写真)
ローラ・ナイト=ヤズィック


ローラ・ナイト=ヤズィックは7世のフロリダ州人、歴史家/神秘主義者であり、14冊以上の著書があるほか、印刷物やインターネットで数多くの記事を公表している。科学と霊のいずれに対しても尽きることのない興味を抱き続ける彼女は、1994年、後に『カシオペアン実験』と命名されたチャネリングを開始した;超光速コミュニケーション実験である。

彼女は、理論/数理物理学者のアルカジス・ヤズィックの妻である。アルカジスは世界でも数少ない超次元物理学者の1人であり、夫妻はシーズ実験の結果に基づき、『カシオペア・フォーラム』
https://cassiopaea.org/forum/index.php
という活発なオンライン・リサーチ・フォーラムを始めとする幾つかのウェブサイトを開設した。

2002年3月26日、ナイト=ヤズィックは『サインズ・オブ・ザ・タイムズ(=終末の時の兆候)』、略してソット・ドットネット
http://www.sott.net/
を開設したが、これは、非営利組織である『クォンタム・フューチャー・グループ(QFG)』が実施するリサーチ・プロジェクトである。

ナイト=ヤズィックの指示の下、2009年にQFGは、ストレス解消・活性化プログラムである『アイル・オラス』を立ち上げた。

ナイト=ヤズィックは夫と共に、人類の置かれた状況の探究を通して、生命および宇宙の謎についてのリサーチを続けている。

著作物
・ウェイブに乗って(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第1巻)
・ソウル・ハッカーたち(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第2巻)
・骨が露わになるまで(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第3巻)
・鏡におぼろに映ったものを(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第4巻)
・小暴君/未知なるものとの遭遇(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第5・6巻)
・見た目は人間(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第7巻)
・宇宙をデバッグする(ザ・ウェイヴ・シリーズ、第8巻)
・アメイジング・グレース(2002)
・ハイストレンジネス(2004)
・世界秘史(2005)
・911:究極の真相(2006)
・黙示:彗星、小惑星および周期的カタストロフ(2012)
・ノア・シンドローム(2012)
・彗星とモーセの角(2013)
・JFK:アメリカの暗殺(2013)
・地球の変化および、人類と宇宙とのつながり(ピエール・レスコドロンとの共著、2014)
・カシオペア実験交信文集、第1巻:1994年(2014)
・カシオペア実験交信文集、第2巻:1995年(2015)

詳細情報
・トーマス・フレンチ『愛のエクソシスト』
http://www.sptimes.com/News/webspecials/exorcist/index.html
・ローラ・ナイト=ヤズィック・ウェブサイト
http://laura-knight-jadczyk.com/
・カシオペアン「カルト」の真相
http://cassiopaea-cult.com/
posted by たカシー at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする